« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018.09.30

日本経済は根幹が弱っている

S180930

政府は、一般の低所得者の所得を勘案しながら生活保護給付金を見直しているそうですが、大半の受給者の給付金が下がるそうです。
これは何を意味するかというと、一般の低所得者の所得が下がったということです。
異次元の金融緩和・財政出動(アベノミクス)は、政府の借金残高や日銀の国債等の保有高を増やしただけで、人々の生活水準改善に役に立ちませんでした。

それでも人々が安倍晋三内閣がいいと言うのは、失業率が低く、みんな生活できている、会社の破綻もそれほどひどくない、大災害が多いが、政府は救済してくれている、防衛力の強化に注力し、隣国の脅威によく対抗していると安倍内閣を評価しているからだと思います。

アベノミクスで何とかお金が回っているようです。
しかし貧困層の拡大は、日本経済の枝葉が、まだ枯れていないが、元気がなくなってきている証拠です。
根幹が弱って来ている証拠です。

弱音をはかないので、安倍内閣が強く、大きく見え、人々は安倍内閣に対する依存心を強めていますが、太平洋戦争で日本は勝っていると言い続けた東条英機内閣とそっくりではないでしょうか。

もし安倍内閣が真実を言えば、人々は激しく動揺し、経済が混乱するかもしれません。
混乱を防いでいるだけでも安倍内閣はよくやっているという評価の仕方はあるかもしれません。

しかし、安倍内閣でもやがて来る経済混乱を防ぐことはできません。
太平洋戦争で日本本土が空襲を受けるようになり、人々が、勝っているという政府の情報はウソではないかと思うようになったのと同じことがおこります。
やがて安倍内閣が潰れ、次の内閣が誕生しますが、やはり真実を言えず、金融緩和・財政出動を続け、最後は経済崩壊がおこると思います。

つまり現政府が崩壊します。

戦後、私はまだ子供でしたが、父母が死に物狂いで食料を確保し、子供達を育てたことを思い出します。
つまり現政府が崩壊しても絶望ではありませんが、今のような楽な生活は期待できません。
人々が生きるのに必要なもの・サービスを提供する事業・仕事は永遠です。
現政府に依存する事業・仕事・生活は危険だと知っておくことが大事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.29

トランプアメリカ大統領の外交は世界から批判されている

S180927

トランプ大統領はアメリカのことを真剣に考えていません。
アメリカ第一主義を主張することでアメリカに損させています。
アメリカの信用を落としています。
アメリカ第一主義と言われて喜ぶ外国は一国もないでしょう。
外国のことも考えろと言うでしょう。

聖書の中に一番になりたい者は最後になれという言葉があります。
他人の上に立とうと争うといい生き方はできないという意味だと思います。
トランプ氏は聖書に手を置いて大統領の仕事を全うすると誓ったと思うが、聖書に手を置いただけで、聖書の内容は理解していないようです。

アメリカは大統領を代えないと、いい国にはなれないと思います。
大半のアメリカ人は、トランプ氏を選んで、しまったと思っていると思います。

最近のトランプ大統領はちょっと動揺しているようです。
自信たっぷりでしたが、予想外のことがおこるので動揺しているようです。
この動揺がまたアメリカの信用を落とすことになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.26

年月日の表示は西暦の方が合理的

S180926

横浜市ですが、2018年度敬老特別乗車証を買いました。
昨年は平成29年度となっていましたが、今年は西暦を使っています。
来年元号が変わるということで年表示を西暦に統一したのでしょう。
有効期間が2018年10月1日から2019年9月30日となっていました。

天皇が代わるたびに元号を変え、年月日の表示に元号を使うのはいろいろと問題が生じます。
昭和64年が平成元年で1989年と覚えている人は何人いるでしょうか。
日本人は歴史認識が乏しいそうですが、元号を使っているからではないかと皮肉を言いたくなります。

すべての文書を西暦に統一した方が合理的と思います。
西暦なら外国にも通用します。

私が就職した会社はアメリカ、ヨーロッパの会社との取引が多かったので、当然のように西暦を使っていました。
その結果、すっかり西暦に慣れ、元号不慣れになってしまいました。
手帳に年齢早見表がついています。
元号表示の文書を見ると、この早見表で西暦を確認します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.25

自衛隊はいい方向に動いていない

180925

自衛隊は、人々に尊敬されていないと思っているそうです。
自衛隊と人々の間に溝ができつつあります。
自衛隊が人々に反感を持つと自衛隊はますます尊敬されません。

自衛隊は大地震、大雨などの大災害を受けた町に出動して、救助などに当たり尊敬されてきたと思いますが、その自衛隊がみずから人々に尊敬されていないと言い出すとは驚きです。
人々に尊敬される工夫努力を失ったら次は威張る自衛隊に変身するでしょう。
折から安倍晋三総理まで自衛隊は人々に尊敬されてない、原因は憲法第9条が軍の保持を否定しているからだといい始めました。

憲法を変え、日本は軍を保持し、国際紛争を解決するため戦争することができるとしたら人々は自衛隊を尊敬するでしょうか。
戦前戦中ならいざしらず、軍縮が重視される現代、人々は強大化していく自衛隊を尊敬するでしょうか。
強大な自衛隊に興奮する人が多いとは思いますが、大半の平和主義者は時代錯誤と思うでしょう。

世界の人々は、アメリカや中国やロシアを平和な国ではない、危険な国と思っています。
アメリカなどのような平和ではない国になることは日本の進むべき方向ではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.24

聖戦に走るイスラム戦士は消滅する

180924

イスラム世界で聖戦という考えに取りつかれ、生きる生かすという考えを捨て、人命を軽視して戦争に夢中になっている人がいますが、いかに怒りや憎しみが心を支配しているとはいえ、結果はまったく自分のためにも人のためにもなっていません。
社会を現状より悪い生きにくい社会にします。
これは完全に神の意志に反しています。

自分の怒りや憎しみを神の意志と思い込み、神に反する言動をとって死後神のもとに行ける訳がありません。
空しく早死にするだけです。

いかなる逆境にあっても学問が大切です。
学問を捨て、感情のおもむくまま聖戦という考えに取りつかれると、100%無法の世界に入ります。
生産せず、生産者から略奪して生きる人となります。
神とともに生きるのではなく、無法と武器とともに生きることになります。

いかに社会が不自由不平等と思っても、学問をし、生産者になるべきです。
不自由不平等の原因となっている権力者も生産者に一目置きます。
権力者も生産者がいなければ生活できないからです。

生産者が戦争を避け、生産に注力していると、戦争は権力者間のこととなり、やがて権力者も戦争にあき、非生産的生活に明け暮れ、生産者からとることばかり考えます。
しかし権力者といえども生産者からとっているだけでは生活できません。
たとえば病気になったとします。
自分では治療できません。
医学の学問のある人に助けを求めます。
権力者は医者の存在価値を認めざるをえません。
こうして戦争なき世界では権力者はただの生活無能者となり、反対に生産者が実力を持つようになります。

イスラム世界で戦争に走る人は、学問の価値を知っていません。
神の意志を悟りません。
短気で感情的で聖戦に走り、早死にします。
つまりイスラム戦士は繁栄するのではなく、消滅します。

どこの世界でも学問する、忍耐強い生産者が繁栄します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.22

憲法第2章(戦争の放棄)は世界に通用する法

憲法第2章に自信を持つべき日本が、憲法を変えたい、強い軍を持って、アメリカ、中国、ロシアなどに対抗できる国になりたいと言うのは愚かなことです。
世界に平和な国が数多くあるのに、平和な日本が、平和ではないアメリカ、中国、ロシアのような国になりたいというのは解せないことです。

国連は世界を平和にしたい、世界の国を法の下に置きたいと努力しています。
日本は国連を軽視するアメリカ、中国、ロシアのような国になってはいけません。

東アジアでは韓国、日本は平和な国です。
韓国と日本は対立せず、反対に協力して中国やロシアに平和の方がいいと説得すべきです。

(注)韓国も日本も中国やロシアより生活水準が高く、人々は幸福な生活を楽しんでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.21

人々は不自由になってきた

町は宅地細分化が進み、住宅が密集し、無機質化しています。
人々は何か不安に怯え、自由を失い、思考が小さくなり、利己主義的になってきました。
夢を語る人がいなくなりました。
政府は人々を軽視し、権力者の意向を重視して不平等な政治をやるようになってきました。

自由を大切にし、自信をもって生きるべきですが、人々は自信を失い、政府に依存するような生き方になっています。
軍人は国のため尊い命をささげたという言葉がありますが、政府は、人々が国のために一生をささげて働くことを求め、人々は政府が命を守ってくれるからそれでいいと思うようになってきました。

自由に生きることをやめた人は元気を失います。
政府に従順になります。
すると政府は人々を軽視し、人々のために政治を行いません。
こうしてどんどん人々は元気を失い、政府の間違った指導で無益な行動をするようになり、弱っていきます。
最後は政府も行き詰まり、国は荒廃します。

解決策は人々が自由を取り戻すことです。
政府に依存せず、自由に事業・仕事を展開して生き生きと生きることです。

安倍晋三内閣がいいなどと言っていると確実に人々は生きる力を失います。
安倍内閣に依存も期待もせず、人々が自由に生きる方が国は確実に発展します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.15

真の神はすべての人に内在する精神本体

大半の宗教信者は神を外なる神と信じていますが、それは人々の想像であって真実ではありません。
いろいろな宗教のいろいろな神が実在するなどということはありません。
人々の想像が異なるからいろいろな神が存在すると信じられています。

自然に法則があることは科学が明らかにしてきました。
今私達が考える宇宙の外については観測手段がなく、想像の領域ですが、そこでも自然法則が働いていると思います。
この自然法則をつくったものを神(自然神)とする考えがありますが、この考えでは自然神は冷徹です。
信仰心の有無関係なく、人を自然法則で律します。

信仰に応え人々を助ける神は自然神ではありません。
信仰に反応するものは間違いなくすべての人に内在する内なる神です。

人の精神構造を分析すると誰での認識できる自我と、感じることはできても認識できない精神があります。
心理学によると自我の領域にも認識が容易ではない自我があるとされていますが、もっと認識できない精神です。
わかりやすく言うならば、人が自我未発達の動物的存在であった時代にも作動していた精神です。
自我と区別してこの精神を精神本体と呼びます。
人が生きる力です。
人を生かす力です。

病気が自然治癒する生物学的生命力は精神本体とは別です。
自我が生きたいと思うとよりよく働くように、生物学的生命力は、通常は精神本体が生物学的生命力に刺激を与えることでよりよく生きる方向に作動します。
精神本体にもう一つの非常に重要な機能があります。
自我を助ける機能です。
自我が生きたいと思うと生物学的生命力がよりよく働くのは、まず自我に精神本体が呼応して通常の精神本体より大きな刺激を生物学的生命力に与えるからです。

自我がいいことを考えれば精神本体はいい方向に機能しますが、問題は、悪いことを考える自我をも助けることです。
自我を子とし、精神本体を親とすると、子の言うことを聞こうと努力する親のように精神本体は自我の言うことを聞きます。
したがって自我が死にたいと思うと、精神本体は自我に呼応し、生物学的生命力を弱める方向に作動します。
自我が自殺すると考えると、精神本体は自殺を助けてしまいます。
自我が人を殺すと考えると、精神本体は殺すことを助けてしまいます。

この自我と精神本体の関係が非常に顕著なので自我は精神本体の働きを神と感じます。
しかし自我は精神本体を認識しませんから、感じる神を外なる神と想像して神と信じます。

これが大半の宗教の神です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.13

安倍晋三氏も石破茂氏も大同小異

自民党は腐敗政党です。
政府を腐敗させてきました。
安倍氏が総理を続けても、石破氏が総理になっても政府の腐敗は進みます。

政府が重荷になって人々を苦しめます。
人々から重荷を取り除くには腐敗政府を破綻処理する必要があります。
腐敗政党である自民党が腐敗政府の破綻処理をできる訳がありません。

にっちもさっちも行かず政府は破綻することになります。
誰が政府の破綻処理をするか予測ができませんが、誰かが現れて破綻処理することになります。

人々は政府が破綻すると考えて、自分の事業・仕事を確立することが大事と思います。
江戸幕府が破綻した時の人々の動きが参考になると思います。
政府が破綻しても人々が破綻する訳ではありません。
政府に依存している人は共倒れになる恐れが大きいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.12

イスラム法は戦争に勝つための法ではない

西アジアは荒れ地が多いのに戦争しているようでは生活を改善できません。
戦争すればもっと荒れます。
よく考えて、みんなで協力して生産すれば生活を改善することができます。

大昔の人々は、水源から地下水道を設けて通水し、要所々々にオアシスをつくりました。
みんなが協力してつくりました。

同じように現代の人々も生活改善を重視して、みんなで工夫努力して、生産環境改善、生産改善を行うべきです。

権力者の抑圧があるから生活を改善できない、戦争するしかないと考えるのではなく、権力者との対立を避けるべきです。
生産環境改善、生産改善をやっているなら権力者と対立することはないでしょう。

対立や戦争がない社会では確実に生産者が強くなります。
反対に戦争していたら生産者は弱くなる一方です。

イスラム法の基本は人命重視です。
人々が生きるための法です。
戦争に勝つための法ではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.08

中国が発展し続けるにはやはり民主化が必要

中国は共産党が一党独裁で国家主義が強く、また拡大主義で台湾の独立に強く反対しています。
一方、台湾は共産党一党独裁を嫌い、現在の民主主義をよしとしています。

民族、言語は同系統であっても政治の違いは大問題です。
台湾の人々が独立を希望するのは正当と思います。

アメリカは中国と対立しており、台湾を支援しています。
中国が仲間を増やそうとすればアメリカも仲間を増やして対立します。

この対立はどちらが優位かと言えば、アメリカが優位と思います。
アメリカは政府と人々が一体となって中国に向かって行きますが、中国は政府と人々の一体性が弱いと思います。
中国の人々は共産党政府に対して批判的です。
アメリカ対中国共産党ということになり、アメリカが優位です。

共産党一党独裁の中国は世界から利用される、あるいは批判されるだけで、尊敬されることはないと思います。
共産党が永遠ということはありえません。
中国は共産党が崩壊して人々による政府が実現しない限り、人口が多いだけの中途半端な国として低迷すると思います。
今後の世界を支配するのは中国という説は当たらないと思います。

なお、日本はアメリカと中国の間で、よくわからない動きをしています。
アメリカ従属が、ちょっと変わってきて、中立などという考えが出ているそうですが、三角形の一頂点になろうとしている感じがします。
アメリカも中国も尻目にかけ、自由に世界の先端を行く信念を持っていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.03

政治を改善する政治家がいない

安倍晋三内閣は、改善できる見通しもなく、借金政治を続けています。
権力欲だけの無知な安倍氏だからお金をばらまいて金回りを保つ無謀な政治をやることができます。
人々から見ると生活できているということで安倍内閣はいいということになっています。

この常識をこえた、まさに異次元の金融緩和、財政出動(アベノミクス)政治をいつまで続けることができるでしょうか。
どこから破綻が始まるでしょうか。

アベノミクスのおかげで延命した人は誰でしょうか。
政府ではないでしょうか。
安倍内閣は政府の合理化、近代化をまったく行いませんでした。
政府は腐敗しました。

政府に依存度が高い人、会社などもアベノミクスのおかげで延命したと思います。

アベノミクスの失敗がはっきりしない間に政府に依存しないで生きる、あるいは経営する工夫努力が必要です。
現時点で政治の改善を期待できる政治家はいないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.02

ゲートボールの打撃練習

健康のためにゲートボールをやっています。
ゲートボールは全力で走るような激しい動きがないので老人に向いていると思います。
5人対5人で勝負をしますが、競技の内容は複雑です。
ゲートボールを始めてもう満5年になりますが、むずかしいスポーツと思っています。

作戦が重要ですが、作戦を楽しめるようになるには打撃が上手になる必要があります。
打撃が下手では作戦は何にも役立ちません。

今までの打撃練習では、3mの距離で、自球を打って、途中はずしても10回他球に当たれば成功としていました。
これだとたとえば20回打って10回当たれば成功となるので気が楽でした。
この方法でも数多く打っていれば打撃は上手になります。

最近になって始めた方法では、3mの距離で自球を打って10回連続して他球に当てると成功としています。
失敗するとまた1から数えます。
10までいかないと失敗とします。

10回連続して成功するには落ち着いて打たないと成功しません。

いつまでたっても成功しないから、今では成功が普通になってきました。
この方法で打撃が一段と上手になるような気がします。

打撃が上手になると作戦を学ぶだけでなく、自分で工夫するようになると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.01

権力国の消滅はまだまだ遠い未来のこと

アメリカと中国の対立は激しさを増しています。
権力国同士の対立です。
双方、いざとなれば戦争すると言わんばかりの対立です。

しかし中国は国も政府も安定していません。
戦争になると国内で反乱がおき、政府が瓦解する恐れがあります。
中国は戦争を避け、アメリカと妥協したいと考えていると思います。

ただし、アメリカの要求が厳しいので交渉の成立が遅くなると思います。
対立が固定化し、長引くことは十分ありえます。

両国の貿易の縮小が長引き、中国が施設をつくった南シナ海のサンゴ礁は中国が支配を続けても、周辺海域・空域についてはアメリカなどの航海・航空の自由を黙認せざるをえない状態が続くということになるかもしれません。

中国国内では政府に対する批判が高まり、共産党一党独裁、シーチンピン国家主席独裁などの社会、政治構造が変革する可能性が出てくるのではないでしょうか。

権力国が弱くなり、消えることが望ましいのですが、権力国の消滅はまだまだ遠い未来のことと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »