« ゲートボールの打撃練習 | トップページ | 中国が発展し続けるにはやはり民主化が必要 »

2018.09.03

政治を改善する政治家がいない

安倍晋三内閣は、改善できる見通しもなく、借金政治を続けています。
権力欲だけの無知な安倍氏だからお金をばらまいて金回りを保つ無謀な政治をやることができます。
人々から見ると生活できているということで安倍内閣はいいということになっています。

この常識をこえた、まさに異次元の金融緩和、財政出動(アベノミクス)政治をいつまで続けることができるでしょうか。
どこから破綻が始まるでしょうか。

アベノミクスのおかげで延命した人は誰でしょうか。
政府ではないでしょうか。
安倍内閣は政府の合理化、近代化をまったく行いませんでした。
政府は腐敗しました。

政府に依存度が高い人、会社などもアベノミクスのおかげで延命したと思います。

アベノミクスの失敗がはっきりしない間に政府に依存しないで生きる、あるいは経営する工夫努力が必要です。
現時点で政治の改善を期待できる政治家はいないと思います。

|

« ゲートボールの打撃練習 | トップページ | 中国が発展し続けるにはやはり民主化が必要 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政治を改善する政治家がいない:

« ゲートボールの打撃練習 | トップページ | 中国が発展し続けるにはやはり民主化が必要 »