« 年月日の表示は西暦の方が合理的 | トップページ | 日本経済は根幹が弱っている »

2018.09.29

トランプアメリカ大統領の外交は世界から批判されている

S180927

トランプ大統領はアメリカのことを真剣に考えていません。
アメリカ第一主義を主張することでアメリカに損させています。
アメリカの信用を落としています。
アメリカ第一主義と言われて喜ぶ外国は一国もないでしょう。
外国のことも考えろと言うでしょう。

聖書の中に一番になりたい者は最後になれという言葉があります。
他人の上に立とうと争うといい生き方はできないという意味だと思います。
トランプ氏は聖書に手を置いて大統領の仕事を全うすると誓ったと思うが、聖書に手を置いただけで、聖書の内容は理解していないようです。

アメリカは大統領を代えないと、いい国にはなれないと思います。
大半のアメリカ人は、トランプ氏を選んで、しまったと思っていると思います。

最近のトランプ大統領はちょっと動揺しているようです。
自信たっぷりでしたが、予想外のことがおこるので動揺しているようです。
この動揺がまたアメリカの信用を落とすことになります。

|

« 年月日の表示は西暦の方が合理的 | トップページ | 日本経済は根幹が弱っている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トランプアメリカ大統領の外交は世界から批判されている:

« 年月日の表示は西暦の方が合理的 | トップページ | 日本経済は根幹が弱っている »