« 権力国の消滅はまだまだ遠い未来のこと | トップページ | 政治を改善する政治家がいない »

2018.09.02

ゲートボールの打撃練習

健康のためにゲートボールをやっています。
ゲートボールは全力で走るような激しい動きがないので老人に向いていると思います。
5人対5人で勝負をしますが、競技の内容は複雑です。
ゲートボールを始めてもう満5年になりますが、むずかしいスポーツと思っています。

作戦が重要ですが、作戦を楽しめるようになるには打撃が上手になる必要があります。
打撃が下手では作戦は何にも役立ちません。

今までの打撃練習では、3mの距離で、自球を打って、途中はずしても10回他球に当たれば成功としていました。
これだとたとえば20回打って10回当たれば成功となるので気が楽でした。
この方法でも数多く打っていれば打撃は上手になります。

最近になって始めた方法では、3mの距離で自球を打って10回連続して他球に当てると成功としています。
失敗するとまた1から数えます。
10までいかないと失敗とします。

10回連続して成功するには落ち着いて打たないと成功しません。

いつまでたっても成功しないから、今では成功が普通になってきました。
この方法で打撃が一段と上手になるような気がします。

打撃が上手になると作戦を学ぶだけでなく、自分で工夫するようになると思います。

|

« 権力国の消滅はまだまだ遠い未来のこと | トップページ | 政治を改善する政治家がいない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲートボールの打撃練習:

« 権力国の消滅はまだまだ遠い未来のこと | トップページ | 政治を改善する政治家がいない »