« 中国が発展し続けるにはやはり民主化が必要 | トップページ | 安倍晋三氏も石破茂氏も大同小異 »

2018.09.12

イスラム法は戦争に勝つための法ではない

西アジアは荒れ地が多いのに戦争しているようでは生活を改善できません。
戦争すればもっと荒れます。
よく考えて、みんなで協力して生産すれば生活を改善することができます。

大昔の人々は、水源から地下水道を設けて通水し、要所々々にオアシスをつくりました。
みんなが協力してつくりました。

同じように現代の人々も生活改善を重視して、みんなで工夫努力して、生産環境改善、生産改善を行うべきです。

権力者の抑圧があるから生活を改善できない、戦争するしかないと考えるのではなく、権力者との対立を避けるべきです。
生産環境改善、生産改善をやっているなら権力者と対立することはないでしょう。

対立や戦争がない社会では確実に生産者が強くなります。
反対に戦争していたら生産者は弱くなる一方です。

イスラム法の基本は人命重視です。
人々が生きるための法です。
戦争に勝つための法ではありません。

|

« 中国が発展し続けるにはやはり民主化が必要 | トップページ | 安倍晋三氏も石破茂氏も大同小異 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イスラム法は戦争に勝つための法ではない:

« 中国が発展し続けるにはやはり民主化が必要 | トップページ | 安倍晋三氏も石破茂氏も大同小異 »