« 自由、平等、個人の尊重、民主主義の価値観が危うい | トップページ | 死後も魂は存在するとの考えの評価 »

2018.10.17

経済界が消費税率引き上げを歓迎するのは不思議

消費税率を10%にしても社会保障は充実しないと思います。
借金政治がやむこともないと思います。
日本では貧困層が拡大していますが、貧困層の拡大も止まらないと思います。

消費税率が上がると人々は節約します。
できるだけ安いものを探して買います。
売る人はできるだけ安くしようとします。
抑制された売買になります。
経済に活気がでません。
税収も上がりません。

経済の自由を求めるはずの経済界が消費税率引き上げを歓迎するのは大変不思議なことです。

消費税が平等な税制というのは誤りです。
富裕層は痛くもかゆくもないのですが、貧困層は苦しいものです。

中間層が厚くて、貧困層が薄い場合は、消費税収で貧困層を助けることができますが、貧困層が拡大中の日本では 消費税による税収で貧困層を助けることはむずかしいと思います。
貧困層の貧困の度合いを高めてしまいます。

労働対価を改善し、貧困層を減らすこと、富裕層にもっと多くの税負担をお願いすること、政府主導の経済ではなく、人々の自由経済による経済にすることが大事と思います。

|

« 自由、平等、個人の尊重、民主主義の価値観が危うい | トップページ | 死後も魂は存在するとの考えの評価 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経済界が消費税率引き上げを歓迎するのは不思議:

« 自由、平等、個人の尊重、民主主義の価値観が危うい | トップページ | 死後も魂は存在するとの考えの評価 »