« 価格の上昇をてこにして石油の消費を減らすと考えよう | トップページ | 政府に依存して事業・仕事をしていると危険 »

2018.10.31

独裁政治は永遠性がない

S181031

軍・警察を使って政権を維持している独裁者・組織がありますが、自分のために政治をやることになり、人々のためになる政治はやらないと思います。
したがって独裁制はある程度まではいい政治をやることはありますが、最後は自分のためになり、人々のためになりません。

ほとんどの人々は軍・警察に対抗できる力を持ちませんから独裁者・組織の政治に我慢することになります。
しかし、独裁者・組織に激しい怒りを感じると、力で反抗する人が現れます。
組織をつくって反抗する人も現れます。
力で反抗しないまでも非協力になる人は無数です。
独裁制の国は長い目で見ると次第に国力を失い、独裁者・組織も衰退します。

いつかは民主化が実現します。
民主政治は永遠性があります。

東アジアでは中国、朝鮮(北)が独裁制ですが、これらの国が大いに発展することはありません。
中国がアメリカに代わって繁栄するというお話しがありますが、独裁制の中国の繁栄は限界があります。

独裁制の国に対し民主主義国が経済制裁すること、戦争することなどは不法です。
これらの国の民主主義者・組織を支援する程度にとどめ、忍耐強く民主化を待つべきです。
国連の権限が強くなり、独裁制の国の不法を取り締まるようになることは期待できません。

ところで日本ですが、今は民主主義国ですが、近年、国家主義的傾向が強まっています。
人々が生活する自信を失い政府依存心を強めていることが原因と思います。
政府は威張って借金しながら金融緩和策を続けていますが、すでに借金残高は1000兆円規模です。
大赤字の政府が人々を守ることができるでしょうか。
人々が政府にぶらさがれば政府が倒れることは当然のことです。
すると人々も倒れます。

人々は政府の実情をよく知り、政府に依存せず、自分が事業家・仕事人となって生き残るべきです。
こうしないと民主主義が守れません。
今のままでは戦前戦中の二の舞で、政府も人々も滅びます。
政府が馬鹿なことばかりやるからです。

|

« 価格の上昇をてこにして石油の消費を減らすと考えよう | トップページ | 政府に依存して事業・仕事をしていると危険 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 独裁政治は永遠性がない:

« 価格の上昇をてこにして石油の消費を減らすと考えよう | トップページ | 政府に依存して事業・仕事をしていると危険 »