« 戦争における性暴力 | トップページ | 老化が進み、次第に生活が不安になってきた »

2018.10.08

複雑な社会を単純な社会に変える大胆さがほしい

S181008

人口減少、老人割合増加の傾向がはっきりしているのに仕事が増える一方という社会は完全に破綻します。
仕事の労働対価が低くなる一方だからです。

政府は外国人労働者を増やすと言います。
外国人労働者は一番低い労働対価の仕事をやるのではないでしょうか。
結果として労働対価を下げることになり、日本人労働対価も下がると思います。

付加価値を上げると言っていろいろ工夫努力して仕事を増やしますが、限られた労働者でこなしますから、労働者の疲れによる失敗が増えます。
その失敗を補うためにさらに仕事が増えます。
まさに悪循環です。

大胆に仕事を減らし、複雑社会を単純社会に改善する必要があります。

(注)1990年以来、保守できましたが、もう限界です。
仕事を合理化できない会社は倒産します。
必然的に仕事の整理が進み、社会は単純化していきます。
労働力不足も解消していきます。

|

« 戦争における性暴力 | トップページ | 老化が進み、次第に生活が不安になってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 複雑な社会を単純な社会に変える大胆さがほしい:

« 戦争における性暴力 | トップページ | 老化が進み、次第に生活が不安になってきた »