« 靖国神社は一宗教法人として安定していた方がいい | トップページ | 戦争における性暴力 »

2018.10.03

外ではなく中を見てみてはどうか

S181003

台風24号の大風で沖縄のどこかに建てた高さ25mの巨大な観音像が前に倒れ、地面にうつぶせになりました。
上空からとった写真がインターネットで流れましたが、打ちのめされた観音像との印象でした。

宗教団体は巨大な神仏像、巨大な神仏殿、集会場などの施設を建設することに熱心ですが、神仏像も施設も永遠ではありません。
神仏像や施設を維持しているのは会員である信者ですが、その価値観(信仰)に空しさを感じます。

真の価値は、外にあるのではなく、自分の中にあるのではないかと考えてみてはどうでしょうか。

|

« 靖国神社は一宗教法人として安定していた方がいい | トップページ | 戦争における性暴力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外ではなく中を見てみてはどうか:

« 靖国神社は一宗教法人として安定していた方がいい | トップページ | 戦争における性暴力 »