« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018.11.30

消えてもいい事業・仕事は無数にあるのではないか

S181130

労働者不足を背景に少しでも労働条件のいい職場を探す動きが強まっているようです。
労働条件が比較的悪い会社は労働者不足で破綻に追い込まれる恐れが出てきました。

現在労働条件がよくても、将来悪い会社もありますから、職場選びが難しいと思います。

東京オリンピック準備で労働条件のいい会社は要注意です。
準備が終われば仕事が減り、労働条件の悪い会社になる恐れがあります。

人々が生きるのに役立つもの・サービスの提供に注力している会社は永続的です。
経営者が経営に工夫努力をし、従業員の改善提案を歓迎するような雰囲気がある会社は、現在労働条件が悪くても将来有望かもしれません。

大会社は安定していて安心感があるかもしれませんが、近年は経営者が馬鹿をやり、損したり、事業を縮小あるいは中止したり、売却したりすることが増えています。
大会社なら安心ということがなくなりました。
経営者が並んで、頭を下げて、記者を前に「申し訳ありませんでした」と言う大会社が後を絶ちません。
大会社で腐敗が進行しているようです。
1990年以来の保守的経済運営の問題が噴き出していると思います。

外国人労働者の採用は労働者不足で苦しむ事業家にとって有効な手段の一つですが、外国人労働者が安定した人生を築くことになるかはわかりません。
日本で社会問題をおこす人が結構多いと聞きますので外国人労働者の活用については会社も国も地方も、過去発生した問題をよく検討して事前に対策を検討してほしいと思います。

省力化技術が高度に発達していますが、都市部の昼間労働者密度の高さは異常です。
どんな仕事をやっているのか調査研究して合理化の方法を工夫するといいと思います。

外国人労働者を増やす前に合理化した方がいい仕事がいっぱいありそうです。
厳しい言い方をしますが、人々が生きるのにそれほど必要がない事業・仕事は労働者不足で消えてもいいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.29

金回りがいいだけで日本経済に力強さがない

S181129

榊原定征経団連名誉会長が2025年の大阪万博に非常に熱心ですが、その彼は東京オリンピック後の景気の落ち込みを非常に心配しています。
大阪万博の準備をすることで景気を維持したいと考えています。
安倍晋三総理も同じ考えだと思います。

彼と安倍総理は同じ経済運営の考えを持っていると思います。
会長時代、榊原氏が安倍総理の経済運営を批判したことはありません。
同じ穴のムジナだったからです。

二人は地道に経済の根幹を改善することを考えていません。
金融緩和、財政出動、大イベント準備などで金回りをよくすることで景気を維持する考えです。
保守的です。
100年の計で経済を改善する考えはありません。

金融緩和も財政出動も東京オリンピックも大阪万博も金回りをよくしても消費的ですから、旧産業の保守になって新産業を育成する効果が小さいと思います。
2030年にはリニア新幹線が東京-名古屋間で完成し、運行する予定ですが、2030年までのお金の使いすぎが決定的ダメージになり、2030年以降は経済運営が非常に困難になる恐れが大きいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.28

虚偽はいろいろな問題の原因になる

S181128


うそも方便という言葉があるようにある状態を維持するために、あるいはある目的を達成するために必要なことがあるのかもしれませんが、やはり問題だと思います。
望ましくはうそをつかない人生が最善です。

うそをついている訳ではありませんが、真実と思い込んでうそをついていることは無数だと思います。
無知が原因でうそをつく結果になっています。
この場合はうそをつかれる方がうそと見抜いて騙されないようにすれば別に被害はありません。

問題はうそと思わなくてもうそをついている人が、気付かない間に信用を失って損をしていることだと思います。
うそをついていると忠告しても本人はうそをついていると思っていませんからどうしようもありません。
その人が損することはしょうがないということになります。
また結果として騙される人がいることも問題です。
うそをついている人も実は自分が騙されていることになります。
騙されないよう学問をすることが大切です。

最新学問で正しいとされ、世界で認められたことでも時間がたつと間違っていたとされることがあります。
この間違いによる損失はどうしようもありません。
最新学問の結果で人々は動くしかないからです。
必ず最新学問を信用せず、学問を続けて、新しい学問を打ち立てる人がいます。
学問には終わりがないと思います。

宗教ですが、昔と今では宗教に関する人々の考えが大きく異なっています。
宗教の絶対性を信用しない人が多数派となり、信用する人は少数派になってしまいました。
そこで日本の憲法は信教の自由を保証しています。
神道は日本の伝統的宗教といっても国が神道信仰を強要することはできません。

世界三大宗教は日本では仏教、キリスト教、イスラム教とされていますが、どの宗教も昔のようには信用がありません。
たとえば誰かが仏教信者であると聞いても、そうですかぐらいで気にする人はいません。
霊感商法に騙されていなければいいがと思う程度です。
宗教は道徳にいいと強く主張する人もいなくなりました。
みんなが道徳にいいと言うことで、ある宗教が国家宗教になるとみんなが困るからでしょう。

自民党の政治家は神道を重視している人が多いようですが、神道が国家宗教になることに賛成する人は少ないでしょう。
公明党の政治家は創価学会を国家宗教にしたいと思っているでしょうか。
公明党支持率が数%ということはとんでもないと思っている人がほとんどであることを示しています。

要するに宗教にもうそがあり、現代では絶対性がありません。
したがって宗教はいいと手放しで言えません。
宗教にもいろいろな問題があるということが事実だと思います。
宗教法人は宗教産業を構成しており、ほかの法人と差別することなく、法人税を払うべきとの意見があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.27

今後も政府は人々の重荷

S181127

消費税率を上げることは消費を減らせとの政府のメッセージです。
政府の思うとおり消費は減ります。

消費が減ると大変と言って政府は消費を刺激する補助金をいろいろと考えています。

いったい政府は消費を減らしてほしいのか、消費を減らしてほしくないのか、実に不可解な行動をとっています。

ところで消費税率引上げによる消費減が大きいので補助金を出しても消費は減ると思います。

つまり消費税率を引き上げても国の借金残高は減りません。
社会保障が充実することもありません。
もちろん経済成長もしません。
よくて経済横這いです。
悪くて経済縮小です。
政府は不良政府のままです。

人々が不良政府を維持するような異常事態が今後も続きます。
不良政府を破綻処理して新政府をつくった方がいいのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.26

2025年の大阪万博は2020年の東京オリンピックと同じで消費的

S181126

国も関連地方も大会社も2025年の大阪万博開催に熱心です。
日本の産業発展に寄与すると思い違いをしているような気がします。
国も関連地方も支出が増えるだけで、税収は増えません。
大会社にはお金が十分貯まっているようですから実行は可能と思いますが、お金を出しただけで会社発展にはあまり役立たないと思います。

昔の万博と今の万博は効果に大きな違いがあります。

日本の人で近年開催された外国の万博について知っている人はいないと思います。
日本では万博は話題になっていません。
つまり万博の効果がなくなっています。
世界の産業に関する情報知識は万博以外の方法でいくらでも日本に入ってきています。
万博に行って長い列に並んでやっと入れたパビリオンで大勢の人込みの中で何かを見物・見学したところで新しく学ぶことはほとんどありません。
お金を浪費した、時間を浪費したという思いだけ残ります。

国、関連地方、大会社が大金を万博開催に出すことで金回りがよくなります。
オリンピック開催で金回りがよくなるのと同じ効果です。
しかし金回りは一時的です。
万博が終わると、金回りが悪くなります。
投資ではなく、消費だからです。

万博開催で一時的に儲かる人が出ますが、楽に儲けたお金は身につかずで、消費はあっと言う間です。
次の事業・仕事が見つかれば結構なことですが、苦労して儲けることを覚えた訳ではないので、しっかりした事業家・仕事人にはなっていません。

国は不景気を恐れて万博後の次の大イベントを探すことになるでしょう。
こういう経済をイベント経済と言います。
じり貧経済です。
単なる消費で投資ではないからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.25

日本は独立の気概に欠けている

S181125

日本にはアメリカ軍基地がいっぱいあります。
明治政府ですら日本に外国軍が駐留することを嫌って外国に軍を引き上げてもらいました。
長い日本の歴史の中で外国軍駐留を歓迎しているのは現代日本だけです。
現代日本はいつまでたっても敗戦状態から立ち直ることができていません。
独立の気概に欠けています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.24

イベント中毒

S181124

私は前回の大阪万博に一度も行きませんでした。
長時間列に並んで少数のパビリオンに入って人にもまれて何かを見物したところで心に残るものは何もないだろうと思ったからです。
大阪万博に行くことはお金の無駄使いと思いました。
その後、大阪万博に行かなかったことを悔やんだことは一度もありません。
大阪万博に行ってよかったという人のお話しを聞いたこともありません。
お金を使っただけの人が多かったのではないでしょうか。

2025年にまた大阪万博を開くことになったと聞いて、またですかという思いです。
ロシアはまだ一度も万博を開いたことがないそうです。
ロシアに譲ればよかったのにと思います。

2020年の東京オリンピック、2025年の大阪万博。
今の日本、大金を使うお話しばかりです。
一歩々々大地を踏みしめて着実に未来に向かって歩いているとの印象を受けません。
イベント中毒に陥っていないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.21

社長の労働対価

S181121

通常会社は実力実績のある人が社長になります。
会社をつくった人が社長をやっている場合を除けば社長も普通の社員も担当する仕事が違うだけで労働者であることには変わりはありません。
言ってみれば社長は社員の代表と言えます。
社長の労働対価が比較的高いことは問題ないと思いますが、社長が報酬年20億円、平社員は数百万円というのは報酬格差があり過ぎです。
社長は次第に社員から遊離して権力者然として振る舞うでしょう。
まわりには社長に従順な人が集まって特権階級を形成するでしょう。
実力実績のある社員は労働意欲に燃えると思いますが、普通の社員は差別を強く感じ、労働意欲を失うでしょう。
やがて会社の社風が悪くなり、総合力が低下するでしょう。

日産でゴーン会長が報酬虚偽公表の不正で解任されることになりましたが、ゴーン会長の独裁的行動が日産幹部の怒りを買い、内部告発の原因になったようです。
幹部も彼の不正に巻き込まれていたようですが、我慢の限界をこえたということでしょう。
司法取引をしたと言われています。

預金金利も払うことができない大手不良銀行の頭取が年1億円以上の報酬をとっていますが、まさに悪徳頭取の見本です。
社長倫理に反します。
このような銀行に未来はないと思います。

社員の労働対価に差があってもいいのですが、大半の社員が納得するような範囲内の差でないと社風は悪化すると思います。
なお、最低労働対価が十分な水準であれば、社長の労働対価が非常に高くても社員からあまり文句は出ないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.20

日産のゴーン会長は欲深すぎて墓穴を掘った

S181119

大学時代に大学の仲間でお金を出し合って日産ダットサンの中古を買い、卒業するまでこの車でよくドライブに行きました。
当時は技術の日産と言われていましたので社会人になってからも信用して日産車を買ってきました。
しかし日産の経営がおかしくなってフランスのルノー傘下になり、ルノーからゴーン氏が来て日産の経営者となり、最初から9億円ぐらいの年間報酬をとったと聞いて賃金格差に呆れ、すっかり日産嫌いになりました。
当時ゴーン氏は9億円ぐらいの報酬は当然と言っていました。
日産の従業員は働くことが馬鹿々々しくなるのではないかと思いました。

しかし、収益ではトヨタにどんどん先に行かれましたが、日産は経営が改善したそうですからゴーン氏の経営はすぐれていたのでしょう。
日産の技術陣はよく頑張り、電気自動車では先行しました。
蓄電池が性能が低かったため1回の充電で走れる距離が短かったので、発電用のガソリンエンジンを搭載し、蓄電池に充電し、その電気で動く電気自動車を発売しましたがこれもすぐれたアイデアでした。

今回、ゴーン氏の公表報酬に虚偽があり、50億円ぐらい過少申告だったということで犯罪が問われました。
内部告発があったとのことですから、日産幹部はゴーン氏の欲深さに我慢ができなくなったのでしょう。
自分の経営能力におごり、欲深くなりすぎて墓穴を掘った感じがします。
残念な経営者でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.19

人々の価値観も波打っている

S181119

私は戦後教育を受けて育った者ですが、自由平等平和という価値観は本当によかったと思っています。
非常に貧困な家庭(父は農家の次男)に育ちましたが、差別の原因になることはありませんでした。

人々の価値観も波があります。
現役の政治家はすべて私よりも若い人々ですが、彼らの価値観が古臭いので驚いています。
自由平等平和の反対のような価値観です。
私が全然価値があると思わないことを大事にします。
特に自民党の政治家に多いのですが、戦前復古の価値観が強いのは不可解です。
もっと自由に世界で羽ばたけばいいのに日本という国で、あるいは日本という国を利用して威張ることばかり考えています。
自民党支持率が30%以上、そのほかの政党は10%以下ということですから人々も戦前復古的です。

戦前復古的では戦中のような経験をして、結局行き詰まって1945年のような地獄を見るのではないでしょうか。
するとまた自由平等平和がいいという時代になるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.17

動機が何であれ、戦争より平和を重んじることは正しい選択

S181116

戦争しなければ問題は解決しないと思う人が結構多いと思いますが、世界交流が普通になり、世界中どこでも平和主義者が多数派という現代では戦争ではやりようはない、平和ならばやりようがあると言っていいと思います。

概して自由に生きやすい生き方は事業家・仕事人として生きることだと思います。
政界は権力者と結びついた権力志向の人が大勢います。
まだまだ不自由な社会だと思います。
その点、事業家・仕事人は政治家に反抗的でなければ政治家も一目置きます。

事業家・仕事人が静かに人々のために政治を行う真の政治家を支援するならば権力者と結びついた政治家は、次第に基盤を失い、弱体化します。
事業家・仕事人として成功しても権力者にならないことが望ましい事業家・仕事人です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.09

既存エネルギー会社に合理性近代性なし

S181109

東京ガスが発電事業に参入したことは望ましい動きだと思います。
都市ガス事業は炭素系燃料の使い方としてよくないと思います。
都市ガスに使っている炭素系燃料を発電に回した方がエネルギー事業の合理化になります。
しかし東京ガスの発電事業は中途半端です。
都市ガス事業に執着しながら、都市ガス事業の縮小を発電事業で補うという煮え切らない経営です。

東京電力が原発に執着するのは驚きです。
間違いなく東京電力は原発で破綻します。
原発事故や放射性廃棄物の処理処分で、今後採算性がありません。

東京電力が余剰炭素系燃料の使い道として都市ガス事業を選んだことはこれまた驚きです。
この会社には合理性、近代性がまったくありません。
溺れる者は藁をも掴むです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.03

虚偽、不正、詐欺が横行する世の中

S181103

子供の頃、親から、人を見たら泥棒と思えと教えられました。
戦後の貧乏な時代でしたが、二度も泥棒に入られました。
犯人は何と向いの家の人でした。

近年日本は虚偽、不正、詐欺が横行しています。
いつまでたっても犯罪がやみません。
反対に一段と巧妙になっているようです。

最近私はインターネットで自転車をクレジットカードで買いました。
注文サイトでは自転車を買うだけの記入を行いました。
自転車は無事届きました。

ところがその後半年ほどたって安心パック料なるものがクレジットカードで引き落とされました。
驚いて販売会社に問い合わせると、注文時、私は安心パックを注文したと言ってきました。
そんなことはしていないと言うと、注文サイトをよく見ろと言ってきました。
そこで注文サイトをよく見ると、何と下の方の画面から隠れた部分に安心パックが要らない人は黒丸をつけよとなっていました。
つけないと半年後から安心パック料月500円請求するとなっていました。

通常は安心パックを注文したい人は黒丸をつけよでしょう。
詐欺にあった気分でした。

安心パックの解約の手続きがまた非常に厄介な仕組みなっていて解約しにくくなっていました。

非常に不愉快な思いをしながら直ちに安心パックを解約し、この販売会社からは二度と自転車を買わないことにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.02

イスラム世界に聖戦なし

S181102

イスラム世界で戦争が頻発していますが、アッラー(神)の名において戦争が行われていることは悲しいことです。
イスラム教が言う聖戦に相当する戦争はあるでしょうか。
すべてが権力者間の権力争いです。
彼らは神のために戦争していません。
神の名を使って戦争しているので罪は非常に重いと思います。

町は廃墟となり、一般の人々は難民となって戦争から逃げています。
逃げている間に大勢の人が死んでいます。
戦争している政府も反政府武装組織も非常に罪が重いと思います。
どちらの側も勝っても負けても勝負がつかなくてもいいことはないと思います。
神が下す罰から逃げることはできません。

戦争する者が神についてどのように想像しても、神は戦争罪に対しては必ず罰を下すからです。
神とはそういう存在だと思います。
いくら神の名を呼んでも神から見て罪を犯す者は神の罰を受けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.01

政府に依存して事業・仕事をしていると危険

S181101

安倍晋三内閣が金融緩和を続けるのは政府の破綻を遅らせるためです。
来年消費税率を10%にするのも政府の破綻を遅らせるためです。
経済を拡大するためではありません。
社会保障を拡充するためでもありません。
金融緩和と消費税率引き上げは矛盾します。
金融緩和を続けても消費税率を引き上げれば経済は拡大しません。
社会保障を拡充する力がありません。

こんな矛盾を延々と続けていていったい政府はどうなるでしょうか。
否応なしに政府を合理化近代化しなければならない時が来ます。

そのとき人々はどのような行動を求められるでしょうか。
政府の助けなど当てになりません。
自分で生き残るしかないと思います。

人々が生きるのに必要なもの・サービスの提供を事業・仕事としている人が強いことは明白です。

安倍内閣は盛んに社会保障の拡充と言いますが、1000兆円規模の借金をかかえている政府がどっやって貧困層を助けると言うのでしょうか。
貧困層からも税金をとって政府の存続を考えることで精一杯です。
貧困層が拡大するだけでなく、貧困の度合いがひどくなると思います。

今は苦しくても、事業・仕事を政府からもらうのではなく、自分で企画することが大事と思います。
政府ではなく、自分や人々のことを考えて事業・仕事をするべきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »