« 2025年の大阪万博は2020年の東京オリンピックと同じで消費的 | トップページ | 虚偽はいろいろな問題の原因になる »

2018.11.27

今後も政府は人々の重荷

S181127

消費税率を上げることは消費を減らせとの政府のメッセージです。
政府の思うとおり消費は減ります。

消費が減ると大変と言って政府は消費を刺激する補助金をいろいろと考えています。

いったい政府は消費を減らしてほしいのか、消費を減らしてほしくないのか、実に不可解な行動をとっています。

ところで消費税率引上げによる消費減が大きいので補助金を出しても消費は減ると思います。

つまり消費税率を引き上げても国の借金残高は減りません。
社会保障が充実することもありません。
もちろん経済成長もしません。
よくて経済横這いです。
悪くて経済縮小です。
政府は不良政府のままです。

人々が不良政府を維持するような異常事態が今後も続きます。
不良政府を破綻処理して新政府をつくった方がいいのではないでしょうか。

|

« 2025年の大阪万博は2020年の東京オリンピックと同じで消費的 | トップページ | 虚偽はいろいろな問題の原因になる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今後も政府は人々の重荷:

« 2025年の大阪万博は2020年の東京オリンピックと同じで消費的 | トップページ | 虚偽はいろいろな問題の原因になる »