« 動機が何であれ、戦争より平和を重んじることは正しい選択 | トップページ | 日産のゴーン会長は欲深すぎて墓穴を掘った »

2018.11.19

人々の価値観も波打っている

S181119

私は戦後教育を受けて育った者ですが、自由平等平和という価値観は本当によかったと思っています。
非常に貧困な家庭(父は農家の次男)に育ちましたが、差別の原因になることはありませんでした。

人々の価値観も波があります。
現役の政治家はすべて私よりも若い人々ですが、彼らの価値観が古臭いので驚いています。
自由平等平和の反対のような価値観です。
私が全然価値があると思わないことを大事にします。
特に自民党の政治家に多いのですが、戦前復古の価値観が強いのは不可解です。
もっと自由に世界で羽ばたけばいいのに日本という国で、あるいは日本という国を利用して威張ることばかり考えています。
自民党支持率が30%以上、そのほかの政党は10%以下ということですから人々も戦前復古的です。

戦前復古的では戦中のような経験をして、結局行き詰まって1945年のような地獄を見るのではないでしょうか。
するとまた自由平等平和がいいという時代になるのでしょう。

|

« 動機が何であれ、戦争より平和を重んじることは正しい選択 | トップページ | 日産のゴーン会長は欲深すぎて墓穴を掘った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人々の価値観も波打っている:

« 動機が何であれ、戦争より平和を重んじることは正しい選択 | トップページ | 日産のゴーン会長は欲深すぎて墓穴を掘った »