« 既存エネルギー会社に合理性近代性なし | トップページ | 人々の価値観も波打っている »

2018.11.17

動機が何であれ、戦争より平和を重んじることは正しい選択

S181116

戦争しなければ問題は解決しないと思う人が結構多いと思いますが、世界交流が普通になり、世界中どこでも平和主義者が多数派という現代では戦争ではやりようはない、平和ならばやりようがあると言っていいと思います。

概して自由に生きやすい生き方は事業家・仕事人として生きることだと思います。
政界は権力者と結びついた権力志向の人が大勢います。
まだまだ不自由な社会だと思います。
その点、事業家・仕事人は政治家に反抗的でなければ政治家も一目置きます。

事業家・仕事人が静かに人々のために政治を行う真の政治家を支援するならば権力者と結びついた政治家は、次第に基盤を失い、弱体化します。
事業家・仕事人として成功しても権力者にならないことが望ましい事業家・仕事人です。

|

« 既存エネルギー会社に合理性近代性なし | トップページ | 人々の価値観も波打っている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 動機が何であれ、戦争より平和を重んじることは正しい選択:

« 既存エネルギー会社に合理性近代性なし | トップページ | 人々の価値観も波打っている »