« 神仏習合政治 | トップページ | 非人間的扱いの罪に対する罰は加害者の子孫にまで及ぶかもしれない »

2018.12.22

日産の経営者達の無責任

S181222

私は車は最初が日産ダットサン、その後、スズキフロンテ、日産サニー、日産サニー、日産バネット、日産キューブと乗ってきました。
昔は技術の日産という評判があり、日産車を愛用してきました。

ところが今乗っているキューブですが、比較的早い段階からオルタネータが不調で、ときどき発電が止まりました。
そこで日産の修理工場にオルタネータの検査をしてもらいました。
日産は問題ないと言ってきました。

それから間もなくして、1月の寒い日、高速道路並みの幹線道路の中央分離帯側を走っているとオルタネータの発電が止まってしまいました。
左側に寄せようと思いましたが、左側は車が続けて高速で走り過ぎて行くのでなかなか寄せることができません。
やっとの思いで左車線に入ったが、すぐ車は止まってしまいました。

私は車を降りて必死に後ろから来る車を右側車線に誘導しました。
追突される恐怖を感じていました。

その内に後方に長い車の渋滞が生じ、追突の危険は去りました。
そこで警察に連絡し、交通整理をお願いし、また警察の人に車を押してもらって安全な場所に移動しました。

前から不調だから検査してもらい、問題ないと言うのでオルタネータを修理しなかったのに、また故障し、今度は死ぬ思いまでしたので日産の修理工場に厳しく抗議したが、修理工場はオルタネータの品質不良や検査ミスに何も責任を感じていませんでした。

修理工場ではらちがあかないので、日産本社に抗議しました。
すると日産本社も同様で、驚いたことに日産や日産の車に文句があるならほかの会社の車を買えばいいと言ってきました。
日産は顧客を大事にしない会社になったと思いながら、経済性を考えて、とりあえずオルターネータを交換し、キューブを使い続けることにし、次の車は日産本社が言うとおりほかの会社の車を買おうと思いました。

今回ゴーン氏のことが問題になり、日産は大幅なコスト削減で利益性を改善したこと知りました。
顧客のクレームにも冷たい対応をしていたのではないかと思いました。
今回日産取締役会はゴーン氏を解任しましたが、取締役達は自分の経営責任をどう思っているのでしょうか。
自分達は悪くなかった、ゴーン氏が悪かったと言わんばかりの取締役達の無責任さは問題です。

日産の信用は大幅に落ちたと思います。
経営者達が無責任では日産の技術が泣きます。
日産の技術も駄目になります。

|

« 神仏習合政治 | トップページ | 非人間的扱いの罪に対する罰は加害者の子孫にまで及ぶかもしれない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日産の経営者達の無責任:

« 神仏習合政治 | トップページ | 非人間的扱いの罪に対する罰は加害者の子孫にまで及ぶかもしれない »