« 消えてもいい事業・仕事は無数にあるのではないか | トップページ | 自分にとって最強の敵は自分の心の中にある »

2018.12.01

大嘗祭は皇室の秘儀

S181201

大嘗祭は皇室の行事か国の行事かがちょっと問題になっており、安倍晋三内閣は国の予算で行うとしています。
皇室の人で安倍内閣の考えに反対している人がいます。
一般の人々は大嘗祭について知らないか、知っていても新天皇が天皇職を引きつぐ神事ぐらいの情報しか持っていません。
しかし新総理が総理職を引き継ぐ現代的儀式とは全然違います。

いつなんどき反逆者が現れて天皇の地位を奪うかわからないような時代から連綿として続いてきた伝統儀式です。
天照大神に天皇職を全うすると約束する単なる神事ではなく、天皇の圧倒的な地位を確立するための秘儀と言っていいと思います。
たとえば征夷大将軍に決して知られてはならないことがある秘儀だったと思います。

その大嘗祭を国が取り仕切るとなると、伝統儀式ではなくなります。
皇室文化を保存するという視点に立てば、大嘗祭を国が取り仕切るのは望ましいことではありません。
国は国として新天皇の就任式を現代的に行えばいいことです。

皇室儀式の殯(もがり)(葬儀)が到底人々に公開できないように、大嘗祭も公開できないことがあると思います。
したがって大嘗祭は皇室が内々で行うのが望ましいと思います。

もし現代の皇室の人が、人々に公開できない儀式を執り行うことを嫌うなら、皇室儀式の改革を行ってもいいと思います。
その場合は、しっかりと記録を残して廃止にしてもらいたいと思います。

皇室の人の自由平等が近年よく問題になります。
天皇が政治的権限を持たない現在、皇室の人が生き雛(びな)として生きることを国が強制することは非人間的との意見も出ています。
皇室文化を保存しながら、皇室の人が普通の人々のように自由に生きることができるようにすることが大事と思います。


|

« 消えてもいい事業・仕事は無数にあるのではないか | トップページ | 自分にとって最強の敵は自分の心の中にある »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大嘗祭は皇室の秘儀:

« 消えてもいい事業・仕事は無数にあるのではないか | トップページ | 自分にとって最強の敵は自分の心の中にある »