« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019.01.31

まずは自民党・公明党を捨てよう

人口減少老人割合増加が非常に大きな問題になります。
生産性を倍にするぐらいの改革が必要です。

安倍晋三内閣は金融緩和財政出動で経済成長すると言ってきました。
金融緩和財政出動は1990年以来内閣がやってきたことで安倍内閣の金融緩和財政出動は別に異次元でも何でもありません。
日銀が国債などを大量に買い上げて円を市場に大量に流通させただけにすぎません。
生産性倍増のため、生産の合理化近代化をやった訳ではありません。
反対に消えるべき古い産業や会社が生き延びてしまったために生産性が落ちてしまいました。
つまり人口減少老人割合増加に耐えられる経済ではなくなってしまいました。

ここに来て安倍内閣は外国人労働者を大幅に導入すると言いますが、これは生産性倍増になりません。
労働力不足を補うだけです。
外国人労働者の生産性が日本人労働者の倍などということはありません。
したがって日本の生産性は改善しません。

間違いなく日本は貧困層が拡大します。

自民党・公明党や安倍晋三内閣が政治の主導権を握っている限り日本の衰退は止まりません。
まずは自公を捨てることが日本健全化の必要条件です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.30

新聞テレビの収益性が悪化し、‪経営に苦悩している

インターネットと関連情報機器の高度な発達によって非常に多くの人々が情報を発信し、受信するようになったので新聞テレビの利用者がどんどん減っています。
新聞テレビはどのような情報を流せば利用者がもとに戻るか苦慮しています。
しかし収益性が低下しているので情報の量質共に低下する一方です。
そうなると広告収入も伸びません。
政府や人々の希望に沿って迎合的に編集や番組作りをやっても利用者が戻りません。

そこで新聞テレビもインターネットにのりたいと考え、インターネットで提供する情報を増やしていますが、情報利用者からお金をとることはやはり容易ではありません。
インターネットでは情報は無料とし、広告収入を増やす工夫努力が必要です。

NHKはインターネットにのることでインターネット利用者から強制的にNHK受信料をとることを考えていますが、インターネット利用者から大反対を受けるでしょう。
NHKがインターネットで有料の情報提供を行うことは自由と思いますが、インターネットでは世界中の人々が自由に情報を発信し、受信しています。
NHKが見れるからインターネット利用者はNHKを見なくてもNHKの受信料を払えというのは不合理です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.26

安倍晋三総理は外遊するが外交をやっていない

安倍内閣は非常にお金の無駄使いが多いと思います。
アベノミクスはお金のばらまきだったと思います。

アベノミクスで税収が上がらなかったので今年消費税率を上げる予定です。
消費税率の引上げで税収が増えるでしょうか。
貧困層が拡大し、所得も消費も減り、税収は上がらないでしょう。

政治担当政党を自民党・公明党から別の政党に代え、また内閣を安倍内閣から別の内閣に代え、たがが緩んだ国家公務員を引き締め、政府を合理化近代化することが必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.24

お金がないのではなく、お金の使い方が悪い

私の娘の家庭は貧乏と思いますが、家の中にものがあふれています。
大きなテーブル、ソファー、ベッド、ピアノ、大きなテレビ、衣装ケースや本箱に入りきらず、部屋中いたるところに山積みになっている衣類や本・雑誌、大きな段ボール箱に入りきらず、部屋中に散らかっている玩具、壁にかけてあったり、棚に置いてある無数の装飾品、部屋はまさにもので埋まっています。

台所は食器、調理用具、食材が棚に収容できず、床の上まで所狭しと置いてあります。

子供達の机の上は本、ノート、紙、その他の文房具が山のようにのっており、書く場所がありません。
机の引き出しや本箱にはいろいろなものが雑然と詰め込まれています。

要するに、鉛筆で言うと、鉛筆は数本あればすむのに、数十本もある家庭になっています。

必要なものを買って大切に上手に使っていると思えません。
貧乏なのにどうして次から次へとあれもこれも買い込むのだろうかと思います。

私はときどき娘の家に行って捨てられたものをもらってきて、きれいにしたり、修理したりして使っています。
前に孫が捨てたちょっと小型の自転車を修理して使っていましたが、タイヤが割れ、すり減り、チューブに穴があいてパンクしてしまいました。
修理は可能ですが、これは捨てることにし、今日は別の上の孫が捨てた錆びた普通の大きさの自転車をもらってきて、錆びを落し、パンクや曲がったハンドルを直し、ひしゃげたかごを、使えるかごに代えました。
今後5年は使える自転車になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.18

宗教団体は時代遅れ

人は死ぬと魂は肉体から離れてあの世に行くという考えがあります。
多くの宗教団体がそう言っています。

生きている間の魂はまだわかりやすいと思います。
しかし死後の魂となると生きている人でわかる人はいないでしょう。

魂はあの世に行ったと言うのにどうして宗教団体は墓、骨、仏壇、位牌などにこだわるのでしょうか。
墓、骨、仏壇、位牌などはこの世のものです。
あの世に行った魂がこの世にいるとすることは矛盾です。

墓、骨、仏壇、位牌などを重視する考えは宗教団体の集金のためではないでしょうか。

宗教団体は古臭い矛盾した教説を平気で信者に教えています。
しかしそれをおかしいと思う人がどんどん増えています。
墓、骨、仏壇、位牌などを重視しない人がどんどん増えています。

宗教団体は新しい存在価値を追求しないと生き残れないのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政党名は立派だが中味は名称とは100%異なる

自由民主党、立憲民主党、公明党、・・・。
政党名は人々受けするいい名称ですが、どの政党も中身を表していません。

自由民主党の自由の方は自分勝手でも自由は自由ですからまだしも、民主はいけません。
支持率35%だそうです。
非民主的だから人々は支持しません。
権力志向の人から支持されていますから自由権力党が正しい名称と思います。

立憲民主党の民主はいけません。
支持率10%以下です。
自民党より非民主的だから人々からまったく支持されていません。
立憲もうそです。
憲法第9条(戦争の放棄、軍備及び交戦権の否認)を変えることは反対していますが、第20条(信教の自由、国の宗教活動の禁止)を無視しています。
枝野幸男代表は神道系の人々(保守層)の支持を増やしたいと思って伊勢神宮に参拝したそうです。
どう考えても立憲もうそです。
実は単なる権力志向の人で自民党では威張れない人が党員になっているのではないでしょうか。

公明党にいたっては、自民党にくっつき、与党になっています。
公明ではまったくありません。
寄生虫党です。

無党派が50%以上だそうですが、要するに日本には人々の考えを代弁してくれる民主政党がありません。
無党派は、自分で民主政党をつくるか、不満な政府の下、個人主義で、できる範囲で自由に生きるしかありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.16

完全な政府はない

日本に住むことをいいと思う人が大半と思いますが、政府がいいと思う人は50%以下でしょう。
したがって政府に従うのではなく、政府を改善すると考えることが望ましいと思います。
個人が国の改善を考えます。

当然のことながらいかに生きるかは個人の問題です。
政府に考えてもらうような問題ではありません。

つまり、事業・仕事を企画実行するのは個人です。
個人が事業・仕事に成功して生き生きと生きていることは望ましいことです。

政府が、人々の事業・仕事力のなさを心配して代わりに企画実行するようになると、弱々しい人が受け身で事業・仕事をやるようになるのでまず事業・仕事は成功しません。
産業が政府主導になっている状態は危険な状態と思います。

現在の日本は政府主導になっており、ちょっと人々に元気がありません。
だから保守の自民党・公明党が威張っています。
日本は低迷しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.12

威張って尊敬される人はいない

今の日本、威張りすぎです。
また、大赤字のくせに政府は外国にお金をばらまきすぎです。
外国は喜んでお金をもらいますが、別に日本を尊敬する訳ではありません。
国連安保理常任理事国になりたいと言ってお金をばらまいているそうですが無駄な行為です。
外国に日本を大きく見せようとして何事もやりすぎになっています。

外国から見ると日本は軍事力を強化していると見えます。
平和主義国のイメージが次第に薄らいでいます。
安倍晋三総理が陣頭に立って憲法第9条を変えたいと言っていますが、戦前日本に戻ろうとしていると見えます。

安倍総理が言う「強い日本」は外国の警戒心を強めます。
隣国はもとより、アメリカからも警戒される国になりつつあると思います。

「強い国」ではなく、「人々が生き生きと生きる国」になった方がいいと思います。
安倍総理の外交は完全に行き詰まっています。
外交については無理をしないようにし、国内問題解決に政治の重点を移した方がいいと思います。
むきになって積極外交を続けると余計外国の反発を招きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.11

韓国の悪口を言っていても日本はよくならない

放射能汚染、貧困層の拡大、災害に対する都市部の脆弱性、技術開発と生産の停滞、地方の山林・田畑の荒廃などは非常に深刻な国内問題です。
これらの問題は別に韓国のせいではありません。
政府や人々が問題と取り組まないことが原因です。

安倍晋三内閣は、国内の深刻な問題と向き合わず、どうして韓国との対立に注力するのでしょうか。
韓国との関係を悪化させ、対立を深め、憲法第9条を変える必要性を強調し、実際に変え、日本を戦争する国にしたいと考えているのでしょうか。

政府は大赤字です。
政府を合理化近代化しないと、ますます、韓国だけでなく、ほかの国からも馬鹿にされます。
信用がなければ外交はうまく行きません。

国内の生活・生産環境の改善、そして生活・生産の改善が先です。
韓国との対立は不毛です。

人々は何が日本の問題かよく考えるべきです。
韓国の悪口を言っていても自分の生活は改善しません。
安倍内閣の実績の乏しさを考えると内閣を代えることが大事と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.05

年号は西暦に統一した方がいい

学生時代の日本史の勉強でも西暦が使われていたし、私が勤務した会社でも西暦が使われていたので私は昔から西暦に慣れています。
私生活でも西暦を使ってきました。
問題を感じたことは一度もありません。

役所関係の書類も西暦にした方がいいのではないでしょうか。
今年は役所は天皇が代わるまで平成表記の書式を使い、その後は新元号表記の書式を使うことになります。
書式に大量の無駄が出ます。
古い書類を調べるとき、元号表記では時がぴんと来ないでしょう。
元号の異なる文書を突き合わせる場合や元号表記の文書と西暦表記の文書を突き合わせる場合は、元号を西暦に直す人が多いと思います。
西暦の方が時の流れを長期的に理解しやすいからです。

最近のアンケート調査によると、元号継続派と廃止派は半々だそうです。

日本郵便の年賀葉書は元号表記がなく、2019となっていました。
今年用の手帳はすべて2019です。
今年から西暦派がぐんと増えるのではないでしょうか。

天皇に政治権限がないため、だれそれ天皇の何年目に何々があったという見方をする人はいません。
元号があってもいいが、実務では西暦を使うことにした方がいいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.04

自然死は楽かもしれない

S190104

暗い部屋で寝ているとハエか何かの羽音が聞こえました。
うるさいと思ったがそのまま寝てしまいました。
次に日、ハエか何かのことはすっかり忘れていましたが、ふとカーテンを見るとミツバチがとまっていました。
羽音がうるさかったのはミツバチだったかと思いました。
とまっているだけだったのでまたミツバチのことを忘れてしまいました。
また次の日、カーテンにとまっているミツバチに気付きました。
同じところにとまっており、動かないので死んでしまったのかと思いました。
そこでちょっと棒でつついてみると簡単に下に落ちました。
死んでいました。

部屋の中で飛び続ける力がなくなり、カーテンにとまったが、そこから飛び立つ力がなく、動かないでいる間にどんどん衰弱が進み、死んだのでしょう。

人も動けなくなり、そこで横になったら、水も食べ物もない訳ですからどんどん体が衰弱して死ぬと思います。
感覚が弱り、思考力が失われ、意識朦朧となり、苦しみもがくのではなく、自分はいつ死んだか気付かないまま死んでしまうのではないでしょうか。

治療を受けても動くようにならないようなら、家や病院で看護され、水や食べ物を供給され、いつまでも感覚や思考力だけが残り、痛い、苦しいと感じながら死ぬより、水や食べ物がなく、衰弱死する方が自然死で楽かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.01

戦争では決して幸福になれない

テロを決行すれば天国に行けると信じてテロをやってどうして幸福でしょうか。

強大国政府に重要な国の任務だと言われて、軍人になって遠い外国に行って外国人と戦争して外国人軍人を殺すだけでなく、普通の人まで殺し、戦争だからしょうがないと自分を正当化して何が幸福でしょうか。

幸福とは今生きていることを大事にし、自分を生かし、さらに人を生かして初めて感じるものです。

不戦、平和の信念で今年も生きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »