« 宗教団体は時代遅れ | トップページ | 安倍晋三総理は外遊するが外交をやっていない »

2019.01.24

お金がないのではなく、お金の使い方が悪い

私の娘の家庭は貧乏と思いますが、家の中にものがあふれています。
大きなテーブル、ソファー、ベッド、ピアノ、大きなテレビ、衣装ケースや本箱に入りきらず、部屋中いたるところに山積みになっている衣類や本・雑誌、大きな段ボール箱に入りきらず、部屋中に散らかっている玩具、壁にかけてあったり、棚に置いてある無数の装飾品、部屋はまさにもので埋まっています。

台所は食器、調理用具、食材が棚に収容できず、床の上まで所狭しと置いてあります。

子供達の机の上は本、ノート、紙、その他の文房具が山のようにのっており、書く場所がありません。
机の引き出しや本箱にはいろいろなものが雑然と詰め込まれています。

要するに、鉛筆で言うと、鉛筆は数本あればすむのに、数十本もある家庭になっています。

必要なものを買って大切に上手に使っていると思えません。
貧乏なのにどうして次から次へとあれもこれも買い込むのだろうかと思います。

私はときどき娘の家に行って捨てられたものをもらってきて、きれいにしたり、修理したりして使っています。
前に孫が捨てたちょっと小型の自転車を修理して使っていましたが、タイヤが割れ、すり減り、チューブに穴があいてパンクしてしまいました。
修理は可能ですが、これは捨てることにし、今日は別の上の孫が捨てた錆びた普通の大きさの自転車をもらってきて、錆びを落し、パンクや曲がったハンドルを直し、ひしゃげたかごを、使えるかごに代えました。
今後5年は使える自転車になりました。

|

« 宗教団体は時代遅れ | トップページ | 安倍晋三総理は外遊するが外交をやっていない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お金がないのではなく、お金の使い方が悪い:

« 宗教団体は時代遅れ | トップページ | 安倍晋三総理は外遊するが外交をやっていない »