« 運転免許証更新が大仕事だった | トップページ | 今日は韓国は朝鮮(北)のことで頭がいっぱい »

2019.02.28

天皇は苦悩しているように見える

190228

確かに天皇は食べるもの、着るもの、住むところに心配はないが、象徴天皇とは何かと考えることで苦悩しているように見えます。
象徴天皇以外の仕事を選ぶ自由がありませんから象徴天皇とは何かと考えて生きるしかありません。
政治的発言の自由がありませんから、当たり障りのないことを言う以外に言いようがありません。

皇室の宗教は皇室神社神道です。
私事となっていますが、国民統合の象徴としての天皇としては皇室神社神道に普遍性がないことにとまどっていると思います。
仏教信者は皇室神社神道を変と思い、皇室神社神道以外の神道信者は神道と言ってもいろいろあると思い、キリスト教信者はやはり変と思い、主義思想が明確な人は皇室神社神道を評価しません。
宗教では天皇は国民統合の象徴として動けません。

天皇には人としての自由がありません。
これはまさに苦悩の種でしょう。

自民党は天皇を日本国の元首と位置づけようとしていますが、この考えは民主主義と相容れず、戦後民主主義に慣れた国民は天皇を元首に位置付けることには反対するでしょう。
天皇も元首になることは喜ばないでしょう。

天皇といえども人としての自由をもつことは非常に重要なことだと思います。
天皇の地位は国民の総意に基づきます。
天皇のことを考えて、天皇の、人としての自由度を上げることが大事と思います。

|

« 運転免許証更新が大仕事だった | トップページ | 今日は韓国は朝鮮(北)のことで頭がいっぱい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天皇は苦悩しているように見える:

« 運転免許証更新が大仕事だった | トップページ | 今日は韓国は朝鮮(北)のことで頭がいっぱい »