« 天皇退位、新天皇誕生、まさに皇室ブーム | トップページ | 天皇は苦悩しているように見える »

2019.02.27

運転免許証更新が大仕事だった

190227

75歳以上の人は運転免許証更新の前に認知機能検査の受検が義務付けられているとのことで自分の町の認知機能検査教習所に予約しようと電話をしました。
満員で駄目だと言われてほかの町の教習所に当たりました。
何とか誕生日に近い日に予約することができました。
検査はパスしました。
750円の手数料がかかりました。

すると次は高齢者講習が義務付けられているとのことで認知機能検査を受けた教習所に電話しました。
誕生日を半月ぐらい過ぎた後の日なら空いているとのことで予約しました。
講習は無事終わりました。
5100円の手数料がかかりました。

免許証更新は誕生日の1か月後までに申請せよとのことで期限が迫っていたのですぐ最寄りの警察署に行きました。
すると持って行った免許用写真が高さが1mm足りないと言われ、警察で写真(1000円)をとることになるのかと嫌な気持ちになりましたが、予備に2枚持っていった写真のうちの1枚が30㎜あって1000円追加にならず更新申請書の提出が終わりました。
視力検査は無事でした。
ところが最後になって申請は一応受理するが、写真の質が悪いと言われ、再提出が求められるかもしれないと言われました。
2500円の手数料がかかりました。

75歳以上の運転能力が低下していることは認めますが、何だか老人がいじめられているような印象を受けました。

|

« 天皇退位、新天皇誕生、まさに皇室ブーム | トップページ | 天皇は苦悩しているように見える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 運転免許証更新が大仕事だった:

« 天皇退位、新天皇誕生、まさに皇室ブーム | トップページ | 天皇は苦悩しているように見える »