« 韓国と日本の喧嘩は空しい | トップページ | 新聞テレビがない生活の方が平安 »

2019.02.16

元徴用工問題を大きくしない知恵が必要

S190216

元徴用工問題について新日鉄住金は日本政府と協議しながら対応すると言っていますが、原告側に対応していません。
新日鉄住金が日本政府の陰に隠れている感じがして弱々しいと思います。
新日鉄住金ほどの大企業は自分で原告側と対応するぐらいの自立性を示してほしいと思います。
世界で事業を展開するには国をこえる経営力が必要です。

なお、このような問題で通常の韓国と日本の経済交流が不自由になることがあってはいけません。
元徴用工問題の解決は関係者に任せて無関係な人は通常どおり交流していると問題が大きくなるのを防ぐことができると思います。
無関係者まで騒いで国の問題にすると下手をすれば両国絶交することになります。
これは両国大損です。

|

« 韓国と日本の喧嘩は空しい | トップページ | 新聞テレビがない生活の方が平安 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 元徴用工問題を大きくしない知恵が必要:

« 韓国と日本の喧嘩は空しい | トップページ | 新聞テレビがない生活の方が平安 »