« 老人の冷や水 | トップページ | マネーゲームは好きではない »

2019.03.07

年金生活者に対する源泉徴収のやり方が不明

S190307

所得税の確定申告を行いました。
普通の年金生活者ですが毎年数万円の還付金が来ます。
企業年金が大幅に減り、年金総額が減った今も還付金が来ます。

税務署は年金生活者は確定申告をやらなくていいと言いますが、還付金がある場合があるから必ず確定申告をやれと言うべきではないでしょうか。

私の場合、企業年金の源泉徴収がとりすぎになっています。
どうして企業年金でとりすぎが発生するのでしょうか。

本来年金かけ金は預金のような性格を持っていると思います。
銀行預金をおろすと税金がかかるなどというお話しは聞いたことがありません。

大赤字の政府は合理性を無視して税金徴収を行います。
もちろん源泉徴収とりすぎも問題にしません。

人口減少老人割合増加です。
政府は年金を締めてくるでしょう。
所得税を上げてくるでしょう。
社会保険料も上げて来るでしょう。
年金生活は楽という時代は去りそうです。

|

« 老人の冷や水 | トップページ | マネーゲームは好きではない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年金生活者に対する源泉徴収のやり方が不明:

« 老人の冷や水 | トップページ | マネーゲームは好きではない »