« 権力者が威張る国で人々が幸福に生きる方法はあるのか | トップページ | 合理化が必要 »

2019.03.05

韓国と朝鮮(北)がわかりにくい

S190305

韓国は朝鮮との緊張緩和に熱心に動き、アメリカと朝鮮が話し合いを行うような状態になりました。
これはムンジェイン韓国大統領の功績です。
アメリカは朝鮮の完全な非核化を求め、朝鮮は段階的非核化を求め、双方合意に至っていませんが、朝鮮も不戦、アメリカも不戦ということで朝鮮の核地下爆発実験と長距離弾道弾実験は中止が続いています。

韓国は朝鮮を国として認めるのでしょうか。
朝鮮半島2分の状態を認めるのでしょうか。

韓国は民主主義、朝鮮は実質労働党委員長独裁です。
韓国は、朝鮮戦争終結、経済交流を認めたあとどうするのでしょうか。
双方政治が違いすぎ、朝鮮半島統一は不可能です。

双方国として認め合うということであればわかりやすいのですが、双方どう考えているのでしょうか。

|

« 権力者が威張る国で人々が幸福に生きる方法はあるのか | トップページ | 合理化が必要 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国と朝鮮(北)がわかりにくい:

« 権力者が威張る国で人々が幸福に生きる方法はあるのか | トップページ | 合理化が必要 »