« トランプショックがくる | トップページ | 日本の年金制度は失敗作 »

2019.06.01

生きる、生かすと考えよう

190601

怒り、憎しみの感情を持っても、死ぬ、殺すと考えなければ自殺や殺人の罪を犯すことはありません。
自分や他人の命を大切にすることは人生において一番重要な価値観と思います。

生きる、生かすと考えると、不思議なもので生き生きと生きることができます。
他人に対しても忍耐力、包容力を持つことができます。
怒り、憎しみの感情を持つことが少なくなります。
持っても、死ぬ、殺すなどとは考えません。

心を、生きる、生かすという思考でいっぱいにすると死ぬ、殺すと考えなくなります。

思うようにならないと怒って死ぬとか殺してやると思う人がいますが、これは危険な兆候です。
心に、死ぬ、殺すという思考がある証拠です。
すぐ、これはまずいと思って、生きる、生かすと考えて、死ぬ、殺すという思考を消し去るといいと思います。

子供が感情的になって死ぬ、殺してやると親に口走る場合がありますが、このような場合は親が子供に対抗して怒ると問題を大きくします。
子供に絶望すると親子関係が崩壊します。
死んではいけない、殺してはいけない、生きる、生かすと考えよと教えるといいと思います。
こう言うことによって、自分にも生きよ、生かせと教えていることになります。
親子関係は改善すると思います。

|

« トランプショックがくる | トップページ | 日本の年金制度は失敗作 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トランプショックがくる | トップページ | 日本の年金制度は失敗作 »