« まだこまは回っているが止まりそう | トップページ | 韓国が日本と戦争する恐れはない »

2019.07.23

自分が正しいと主張する精神病が日本で流行

放火で京都アニメーション第1スタジオが火災になり、大勢の人が亡くなりました。
第1スタジオの防災上の問題点が新聞テレビで問題になり始めました。
すると、当局の京都市消防局が自分の管理に問題なかったと言いました。
常に改善という精神を持っていません。
自分は正しいと主張しています。
これでは京都の防災は改善しません。

韓国と日本の関係ですが、安倍晋三内閣は、日本は正しい、韓国が悪いと主張しているだけです。
韓国のいい悪いは別にして、この日本の態度では日本の外交はうまく行きません。

自分が正しいと主張する精神病が日本で流行しています。
特に政治家、公務員に威張る人が増えていると思います。

NHKから国民を守る党が国会で政党要件を満たしたそうですが、従来の国会議員が真剣にNHKは現状でいいかと考えないから、国民の中からNHK改善を目指す政治家が誕生し、国民の支持を受けて参議院議員に選ばれたのだと思います。

政治家、公務員が威張れば威張るほど、国民の中で、威張る政治家、公務員などに怒りを覚える人が増え、社会改善の動きが目立ってきます。
しかし、社会破壊の動きも目立ってきます。

自民党政治は行き詰まっており、社会混乱の度は深まると思います。

 

 

|

« まだこまは回っているが止まりそう | トップページ | 韓国が日本と戦争する恐れはない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まだこまは回っているが止まりそう | トップページ | 韓国が日本と戦争する恐れはない »