« 林文子横浜市長は市民のことを考えていない | トップページ | NHKから国民を守る党に疑問 »

2019.08.29

隣国韓国との関係を軽視した安倍晋三内閣の罪は重い

190829

竹島問題、元慰安婦問題、元徴用工問題で安倍内閣が怒り、韓国への輸出規制を強化したり、韓国を危険な国と判断したりしたとすると安倍内閣は短気短慮であったと思います。
総合的には韓国は‌親日で両国民は大いに交流を楽しんでいました。
突然安倍内閣のせいで韓国と日本の対立が激化したと思います。
安倍内閣は関係改善をはかることができないと思います。
韓国が悪い、自分は正しいとしているため、やりすぎたと謝ることができません。
安倍内閣では対立が続きます。
安倍内閣は経済成長を実現することができませんでした。
現在世界経済は低迷しています。
日本経済も低迷しています。
韓国との経済交流は全体から見れば小さいから日本経済への悪影響は小さいとの見方は甘いと思います。
韓国との関係悪化は東アジアを不安定にします。
従来の東アジアの秩序の一角が崩れたことを意味します。
安保上、日本の不安が高まります。
隣国との関係を軽視した安倍内閣の罪は重いと思います。
隣国とは関係を改善したいとの思いを最優先することが健全外交です。
安倍内閣の外交は不健全でした。

|

« 林文子横浜市長は市民のことを考えていない | トップページ | NHKから国民を守る党に疑問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 林文子横浜市長は市民のことを考えていない | トップページ | NHKから国民を守る党に疑問 »