« はるかな尾瀬 | トップページ | 韓国叩きの大波のあと何がおこるか »

2019.08.17

安倍晋三内閣の外交は短気、短慮

190817

尾瀬ヶ原の池塘(ちとう:湿原の中の池)

日本政府は日本の特定会社のため韓国に制裁を加えているつもりですが、韓国も負けず、日本に制裁を加えてきますので、まさに韓国対日本の対立になってきており、特定の会社だけでなく、一般の会社まで不利益をこうむる事態になっています。
観光旅行まで悪影響が出ているようです。

日本政府は韓国政府に参ったと言わせるつもりですが、韓国政府は参ったとは言わないでしょう。
関係がよくなる見通しはありません。

韓国のいい悪い関係なく、短気、短慮な安倍内閣のせいで日本は大損するのではないでしょうか。
安倍内閣を代えた方がいいと思います。

安倍内閣を放置すると、やがてアメリカや中国やロシアとの関係も悪くなります。
アメリカや中国やロシアは、韓国との関係悪化を見て日本に対する評価を下げたと思います。
すると日本は対抗してアメリカや中国やロシアの評価を下げることになり悪循環が始まります。
韓国との外交が下手な安倍内閣が、アメリカや中国やロシアに対しては上手な外交を行えるなどということはありません。

|

« はるかな尾瀬 | トップページ | 韓国叩きの大波のあと何がおこるか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はるかな尾瀬 | トップページ | 韓国叩きの大波のあと何がおこるか »