« NHKから国民を守る党に疑問 | トップページ | 総理を代えないと内閣は新鮮にならない »

2019.09.04

社会の仕組みが複雑で老人はすくんでいる

190904

尾瀬沼

老人は慣れていないことはやりたくないと思います。
機械が相手となると機械を使うのが嫌になります。
たとえば駅で機械で切符を買ったり、プリペイドカードに入金したりする操作ですが不慣れで時間を使っていると待っている人がいらいらしているのがよくわかります。
焦るとますますわからなくなります。
電車に乗ることすら嫌になってしまいます。
役所から何か書状が届きます。
いろいろ書いてあります。
老人は読むのも嫌で放置することがあります。
役所に行って何かしなければいけないことがおこったとします。
老人はどうしていいかわかりません。
業者に相談しようものならカモにされ、ひどい目にあうことがあります。
何もしないで放っておくと事件になってしまうこともあります。
社会の仕組みを合理化、近代化することは非常に重要と思いますが、近年の政府がやることは複雑で特に老人は動きがとれなくなります。
すくんでしまいます。
老人割合の増加と複雑な社会の仕組みは必要以上に経済縮小の原因になると思います。

|

« NHKから国民を守る党に疑問 | トップページ | 総理を代えないと内閣は新鮮にならない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NHKから国民を守る党に疑問 | トップページ | 総理を代えないと内閣は新鮮にならない »