« 政府に依存する生き方は失敗のもと | トップページ | 日本は無法 »

2019.09.23

日本は暗い

政府は大赤字。
内閣は政府を合理化・近代化しない。
複雑で矛盾に満ちた税制・補助金・交付金制度。
増税、また増税の雰囲気。
複雑な行政の結果、公務員に無駄な仕事が非常に多い。
事業家・仕事人に対する規制が複雑で事業・仕事意欲を削いでいる。
産業政策が保守で、新事業・仕事に挑戦する自由の雰囲気がない。
経済は横這い、下手をすれば縮小。
貧困層が拡大中。
子供の養教育環境が悪化。
事故原発はいつまでたっても処理処分できない。
自然災害に対する防災力がなく、いつも大被害に人々が苦しんでいる。
都市の安全基準が低く、都市部の防災力が低下。
ロシアとの平和条約を結ぶことができない。
朝鮮(北)とは絶交状態で、拉致被害者問題が解決しない。
韓国との関係が悪化し、交流が縮小中。
中国との対立が激しくなる方向、交流は縮小する方向。
「強い国」を目標に防衛費が増えつつあるが、自衛隊の中で非人間的な犯罪も増えつつある。
戦争する国になる不安感を与える憲法改正の動き。
人々の生活水準改善が二の次。
中途半端な年金保険・医療保険・介護保険。
年金より生活保護費の方が多く、年金保険に不信。
政府が無気力であるだけでなく、人々も無気力。
あれこれやるが、仕事量を増やしているだけで日本は疲れている印象を受けます。
問題を列挙するときりがありません。
生きるという原点に立ちかえって生活、事業、仕事、政治を考え、大胆に無駄を捨てることがだいじと思います。
人生も社会ももっと単純にした方がいいと思います。

|

« 政府に依存する生き方は失敗のもと | トップページ | 日本は無法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 政府に依存する生き方は失敗のもと | トップページ | 日本は無法 »