« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019.10.29

老人になっても楽をしすぎてはいけない

   老人になるとベッドの方が楽と言ってベッドで寝る人が増えるようですが、私は昔から押入れの上の段から布団を出し、床に敷いて寝、朝は布団を畳んで押し入れの上の段に入れています。この作業を毎日やっていると握力、腕力、足腰の力を使い続けることになり、それぞれの力を維持するのに有効です。まもなく80歳になります。体力の低下は感じていますが、布団の上げ下ろしを大変と感じたことはありません。楽することを軽視しすぎてはいけませんが、楽をしすぎるのもいけないと思います。
   私の町の85歳の男性の町内会長は、毎日1万歩は歩いていると自分の健康を威張っている人です。ところが、まちなかの公園の町内会管理の看板が古くなったと言ってお金を出して業者に処分を依頼しようとしていました。高さ1.8m、幅40cmぐらいの木枠にトタン板を張ってつくった看板です。木枠は一部腐って壊れていました。たまたま公園にいた私は、町内会長に、お金を出して業者に処分を依頼するようなものではない、私が処分しておきますと言って処分を引き受け、公園倉庫にある道具でトタン板をはがし、木枠をばらし、トタン板は折り畳んで小さくし、木枠はのこぎりで切って短くし、普通のごみ袋に入れ、公園ごみとして処分できる形にし、公園担当役員に次の機会にごみとして出しておくようにお願いしておきました。問題の町内会長は自分の健康のために歩くことを知っているが、家事は楽をしすぎているのではないでしょうか。楽をしすぎていると簡単な作業すらできない人になってしまいます。

| | コメント (0)

2019.10.27

キャッシュレス・消費者還元制度

本制度が始まってから初めてのクレジットカード利用代金明細書が届きました。
本制度に参加している店から買った分について、銀行引き落としの際、消費税込みの価格から5%引きで支払うことになっていました。
毎日の食材を買っている店が本制度に参加しているので割引総額は馬鹿になりません。
この制度は大いにキャッシュレス化を促進するでしょう。

| | コメント (0)

2019.10.25

人には神が宿した

   電子を制御するぐらいはまだ理解できるが、光子を制御するとなるとどういう技術が必要になるのか私は頭が回りません。光子を応用した量子コンピューターの実用化が話題になってきました。昔電子材料開発が盛んに行われましたが、これからは光子材料開発が盛んになりそうです。
   人は目で光を処理しているだけでなく、皮膚でも光を処理しています。光子材料開発の可能性は大いにあります。しかし光子がそのまま体の中に入って動いたり止まったりしているようではありません。光子とは何か、光子に関する基礎研究も必要になります。
   科学や技術には限界がありません。人という自然の産物が思考力を持つようになって科学の学問や技術開発を行うようになったことは本当に不思議なことです。人には神が宿したのでしょう。
   そんな人も絶滅する時がくるかもしれません。しかし、人の思考力による行動が人の絶滅の原因にならないことを祈ります。

| | コメント (0)

2019.10.22

80歳の中学同級会

   昨日、地方の中学校の同級会に行ってきました。先生二人を含めて53人の3年生のクラスでした。現在は先生の一人は消息不明、一人は90歳以上です。生徒が80歳(一部79歳)になったということで今年の同級会を最後にしようと言って中学校のある地方のホテルに集まって同級会(昼食会)をやりました。先生一人を含めて17人が集まりました。参加率32%でした。すでに亡くなったとわかった人が10名、消息不明が10名、生きていることはわかっているが、都合がつかない、体が不自由、行きたくないなどの理由で欠席が16名でした。
   集まった人は80歳なのに概して元気で口も達者でした。どうしても病気のお話しが多くなりますが、みんな明るい顔をしていました。当時の中学は男女の交流が少なかったのですが、同級会では男女間でもお話しがはずみます。学年同窓会よりやはり同級会の方が関係が深く、誰とでも家族のようにお話しがはずみます。
   これが最後というのは淋しいということで今後も同級会をやろうという提案がありましたが、幹事をやる人が大変というお話しもあってみんなに声をかける同級会はやはり今回が最後ということになりました。すべての人が80歳は知力、体力の低下を強く感じると述べていました。
   私は同級会のおかげで高頻度で故郷に行くことができました。同級生が歓迎してくれて次の日に車を出してくれて思い出深い所に連れて行ってくれたりしました。今後も遊びに来いと言ってくれる同級生がいて、すぐふるさとを失うことはないと思いますが、同級生も私も確実に老いる訳ですからふるさとが思い出だけの存在になる時がまもなく来ます。
   前に同級会に来ていて、体が動かなくなって来れなくなった人で、葉書で、行きたい、みんなに会いたいとの思いを綴ってくれる人がいます。同級会には心の拠りどころのような効果があります。

| | コメント (0)

政府は皇室を特別扱いしすぎではないか

今日10月22日が祝日扱いであることに驚きました。手紙を出したいと思い、郵便局に行ったら閉まっていて切手を買うことができませんでした。天皇即位の儀式があるからだそうです。天皇が天皇になったのはずいぶん前と思いますが、今頃即位の儀式とはどういうことでしょうか。即位を祝ってまた別の日にパレードをやるそうです。お祭り感覚かもしれませんが、人々の社会が皇室社会のようになっている印象を受けます。皇室に親しみを感じない人が30%もいるそうですが、これはまずい動きです。皇室が鼻につくようになるのはよくないことです。

| | コメント (0)

2019.10.18

政府も人々も枝葉のことを考えすぎ

   昔、田中角栄という政治家が現れ、列島改造論を主張し、森林をゴルフ場にしました。当時、ゴルフが流行していたのでゴルフ場経営は収益性があり、税収が上がりました。経済成長がとまり、経済が横這いになるとゴルフ人口が減少し、ゴルフ場経営の収益性が下がりました。プロゴルフがあり、まだゴルフをやっている人がいるので、ゴルフ場がなくなるということはないようですが、ゴルフ場経営はむずかしくなっています。今では森林をゴルフ場にするような行為が列島改造だったのかと反省する人が多いと思います。
   原子力利用で電力供給を安定化するという大計画も、原発は東京電力福島第一原発事故・大規模放射能汚染からわかるように危険な技術である、放射性廃棄物処理処分法がない、地球温暖化防止に役立たないなどの理由で破綻しました。
   政府の借金残高累増、人口減少、老人割合増加、貧困層拡大、隣国との関係悪化、大規模な天災・人災などが続き、人々は暗い気持ちになっています。東京オリンピック、大阪万博、リニア新幹線など大計画が進められているが、人々を明るくするほどの効果を発揮していません。カジノで経済を改善するなどというレベルの低い計画が出たりして人々の心は暗くなる一方です。
   こういう時は、焦って次から次へと大計画を立てるのではなく、役に立たないものを思い切って捨てる、人々が生きるのに必要なもの・サービスの提供を合理化・近代化する、生活・生産環境を改善するなどの社会の根幹を改善することに注力することがだいじと思います。カジノ、東京オリンピック、大阪万博、リニア新幹線などの計画はすべて、人々が生きるという根幹に迫った必要度の高い計画とは思えません。枝葉を茂らすだけでお金や労力の無駄使いと思います。

| | コメント (0)

2019.10.14

台風19号で倒れても立ち直るコスモス

191014

台風15号で半分は駄目になりましが、台風19号で残ったコスモスもすべて打倒されてしまいました。

倒れたコスモスは支えで立て直しても美しい形に戻りません。

そこで倒れたままにし、そこから立ち直って咲かせるようにします。

コスモスのすごいところは倒れて地面に接した幹から根を出し、先端が立ち直ってまたきれいな花を咲かせることです。

| | コメント (0)

2019.10.09

中小店舗でキャッシュレス決済で最大5%ポイント還元の仕組みはよくわからない

どこにポイントがつき、どうやってそのポイントを使うことができるのでしょうか。
この仕組みは公平に作動しているでしょうか。
国がやっているというのに店によって還元率が違うというのはどういうことでしょうか。
買った時、5%値引きしてくれる店があるそうですが、これは一番消費者にとってわかりやすいポイント還元ですが、どうしてすべての店がそうしないのでしょうか。
国はいい加減です。
社会を不平等にしていると思います。
複雑にしています。
キャッシュレス決済の仕組みがわからず、老人の中には現金決済している人が多いと思います。
5%損していることになります。
不平等です。
安倍晋三内閣は本当にいい加減です。

| | コメント (0)

2019.10.08

真の勇者は自由平等平和に命をかける人

平和主義者は人々に支持されないと恐れる政治家が増えています。
日本を戦争する強い国にしたいと思う人が増えていることは事実です。
すでに平和主義者と戦争主義者は半々になっていると思います。
しかし自分が戦争する決心ができている人はまだ少ないと思います。
戦争主義の流れに乗って強がっている人が多い段階だと思います。
みんなでやればこわくないといった手合いが多いと思います。
大半の人々は戦場に行ったら恐怖で動けなくなるか、逃げ回る人でしょう。
真の勇者は自由平等平和に命をかける人だと思います。
みんなが戦争主義の流れに乗っても平然と自分はその流れの外にいる人だと思います。
隣国脅威論に振り回されず、冷静に隣国との交流の道を探る人だと思います。
自民党・公明党や安倍晋三内閣の政治家は真の勇者ではなく、群がって強がる臆病者ではないかと思います。

| | コメント (0)

2019.10.05

海外から日本に来た人はよく働く

東京オリンピックが来年ということがあると思いますが、スポーツ観戦ブームは熱気を帯びています。
観客5万人収容の巨大競技場があるのは大都市だけかと思っていたが、地方にまであるので驚きです。
コロッセウムが建設され、剣奴の闘技や人間対野獣の闘いなどが見世物になっていた古代ローマ帝国最盛期のようです。
古代ローマ帝国は、その後、衰退期に入り、ゲルマン民族などの大移動を受け、分裂・解体していきます。
楽で楽しい生き方を重視するローマ人が増え、活力を失い、生産力が弱くなったことが原因と思います。
日本はどうでしょうか。
1990頃を境とし、国内生産が衰退し、海外生産が重視されるようになりました。
当然のことながら生産に付随して技術開発も海外で行われるようになり、日本人は第三次産業に従事する人が増えました。
海外投資が順調ということで国際収支黒字が続き、政府の金融緩和策が作動して何とかお金が回り、人々は概して楽で楽しい生活を続けることができています。
しかし生産力の低下は間違いなく日本人の活力低下の原因になっています。
政府に依存して生活している日本人が増えています。
その政府が大赤字ですから日本にはすでに危険信号がともっています。
ところが日本には生産重視の雰囲気が復活しません。
楽で楽しい生活が重視されています。
日本は確実に衰退期に入ったと思います。
長い衰退期を経験することになると思います。
海外から人が流入して日本でよく働き、日本人に代わって日本を動かすようになるのではないでしょうか。
数百年もすると海外から来た人達が日本人の主流になっているのではないでしょうか。
日本の歴史を勉強すると、先住民族と海外からの移住民族の競争があり、やがてよく働く移住民族が強くなったのではないでしょうか。
日本民族という言葉がありますが、日本は変わりませんが、実は民族は代わってきているのではないでしょうか。

| | コメント (0)

2019.10.04

菓子箱の菓子の下に金貨

送る方ももらう方もどういう価値観で生きている人でしょうか。
カネカネの人生ではないでしょうか。
菓子と金貨に使われたお金は電力を買った人が払ったお金という認識はあったのでしょうか。
もちろん彼らに原発は危険という認識はありません。
人の命が大切という認識もありません。
子孫のことも考えていません。
国が原発推進の方針を打ち出したので原発の安全性評価をすることなく、チャンス到来と関西電力と高浜町の権力者は金儲けに邁進したのだと思います。
会社や町が儲けるだけでなく、権力者個人も儲けました。
権力者は国の方針を利用して電力消費者を食ったのだと思います。
権力者を排除し、汚職を撲滅すべきですが、この際、人々は原発廃止を決心すべきです。
高い電力代を払った上、放射能汚染に苦しめられるのはたまったものではありません。
国会に原子力利用反対の政治家を送ることは自分の命、生活を守るため絶対必要なことです。

| | コメント (0)

2019.10.03

日本の衰退は続く

10月1日、消費税率を2%上げましたが、これで社会保障が充実するとはまったく思えません。
貧困層は拡大し続けると思います。
政府の借金も増え続けます。
政府を合理化・近代化する必要があります。
金融緩和・財政出動をやってきた安倍晋三内閣にはできないことです。
自民党・公明党にも無理です。
政治担当政治家・政党を代える必要があります。
しかし人々は金融緩和・財政出動の安倍内閣を評価しています。
金融緩和・財政出動に慣れており、政府を合理化・近代化する必要を理解できません。
日本は残念ながら衰退を続けると思います。
大きな流れにのっているのではなく、個人主義で大きな流れの外に出る生き方が重要ではないでしょうか。

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »