« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020.05.31

経済先進国は経済復帰を焦っている

200531


   新型コロナウイルス禍が去っていないのにウイルス禍は去ったことにして経済先進国は普通の経済活動に復帰することに注力しているが、これは無理があると思います。世界で見ると現在でも恐るべき速度で感染拡大がおこっています。人の交流は不自由が続きます。情報システムを活用した情報交流が非常に重要です。流通は、感染拡大防止に工夫努力をしている専門業者が担当することがだいじです。事業家・仕事人の思考、価値観の修正、さらには経済・産業構造の修正が必要です。政府の指示に従っているような自主性のない事業家・仕事人では事業・仕事に失敗するでしょう。

   政府の指示に従って休業したから収益減を補償してくれと騒いでいる事業家・仕事人がいますが、当面は政府の補償もいいが、その先がないでしょう。現状では政府は破綻するでしょう。今から自分が自分の事業・仕事の未来を考えるべきと思います。 

| | コメント (0)

2020.05.30

安倍晋三内閣は日本の衰退を防ぐことができない

200530

   日本には深刻な問題があるが、安倍内閣は何一つ真剣に問題解決に取り組んでいません。問題がないかのように見せかけながら目立つ表面的な施策をこれでもかこれでもかと続けています。その施策が人受けがいいようで安倍内閣支持率は比較的高い状態を保っています。今回の新型コロナウイルス禍でも安倍内閣が重視してきた枝葉産業が大きな打撃を受けましたが、枝葉産業重視政策がまったく反省されることなく、安倍内閣は救済措置に注力しているとまずまずの評価です。つまり安倍内閣は表面を取り繕うことが大変上手です。
   ところが裏では日本を衰退させる大問題が大きくなる一方です。放射性物質・廃棄物の蓄積は増える一方であり、その処理・処分技術または永久安全保管技術はありません。東京などの巨大化複雑化は進む一方で、大地震などで地獄になる恐れが非常に高いと思います。防衛力という名の軍事力強化がやまず、戦争の恐れが高まっているが、一方で人々の貧困化が進んでいます。政府の借金が止まらず、累積借金規模は2000兆円規模ですが、政府はいっこうに自分を合理化近代化しません。日銀は不良債権を買うという形で大規模金融緩和をやっているため自分が不良会社になってしまいました。
   政府や日銀の破綻は何とかなりますが、放射性物質・廃棄物の蓄積、東京などの巨大化複雑化、軍事力強化は人々を地獄に落とす恐れが非常に高いと思います。小惑星が地球に衝突すれば人類が滅亡する恐れがあるから、日本人が地獄に落ちることぐらい問題は小さいと言えるかもしれないが、日本人が日本の深刻な問題を解決できないでいることはやはり問題です。
   政府破綻などに備えて人々はよく考え、対策を講じているとは思いますが、個人的工夫努力では回避できない国の問題があります。国の表面ではなく、その裏の状態を見抜く思考力が必要ではないでしょうか。現在の国会議員で日本の政治は大丈夫かとまじめに考えた方がいいと思います。政治を考えない人々、つまり自分に問題ないかと考えた方がいいと思います。

| | コメント (0)

2020.05.22

賭けマージャン

 

200522

   大学時代、私は弓道部に所属しましたが、合宿の夜、先輩達がマージャンをやり、私も誘われてやりました。賭けマージャンでした。私はマージャンをやったことがなく、負けて、たいした金額ではなかったがとられ、弓道も下手なのに弓道部でマージャンに負けてお金をとられているのではつまらないと、マージャンはやらないと決心し、弓道に専念しました。
   会社では賭けマージャンが盛んでした。私は知らん顔して会社の仕事に専念していました。マージャンの次はゴルフブームになりましたが、やはり私はゴルフもやりませんでした。事業部長になったとき、ある常務取締役からもっとみんなと遊ばないと昇進しないと忠告されましたが、知らん顔していました。ある日、社長に呼ばれて、「お前は俺を何だと思っているんだ」と大きな声で怒鳴られて、すぐ辞表を出して退社しました。
   会社をやめた後、ある小さな会社に誘われて社長になりました。貴族然とした重役たちは会社の事業・仕事をやっているというより、賭けマージャンではなかったが、飲食の社交を楽しんでいる雰囲気でした。天皇家とも関係があり、私も誘い込まれるようになりました。到底私の価値観に合いませんでしたので、1年半でやめ、個人業を始めました。しかし個人業は大変忙しく、疲れてしまい、5年で病気になってしまい、簡単な仕事に縮小せざるをえませんでした。
   病後は、ボランティア活動に注力し、今年80歳になりました。娘の夫の家族は賭けマージャンが好きで、彼は実家に帰ると賭けマージャンをやっているようです。彼の父の事業・仕事仲間も彼の兄も賭けマージャンが好きだそうです。賭けないとマージャンが面白くないと言っています。私は賭けマージャンはもちろん、マージャンにも関心はなく、娘の夫家族には近寄らないことにしています。
   数年前、私が所属する町内会の老人会に健康マージャン部ができました。長時間椅子に座って足腰を使わず、頭と目と手指を使っているだけでどこが健康なのか不思議に思っていたところ、部長が、本当は賭けマージャンの方が面白いのだが、老人会で賭けマージャンは認められないので賭けないでやっている、賭けないことが健康ということだと説明してくれました。男性は賭けないと面白くないということで部員はほとんど女性とのことでした。女性は賭けなくてもマージャンが面白いようです。
   賭けマージャンとは無縁で来た私ですが、73歳からゲートボールを始めました。なかなか面白いゲーム性のある競技で今もやっています。大会があって勝つとカップや賞品が出ます。たいした賞品ではありませんが、大会主催者に参加費を払って、勝つと賞品をもらえる訳ですから、どこか賭けている感じがします。賭けると勝ちたいと一生懸命勝負をやるので勝負が面白くなるということでしょう。
   東京高検検事長が賭けマージャンをやって評判を落とし、辞表を出したが、彼にとって賭けマージャンは楽しかったのでしょう。賭博は刑法違反ですが、誰かが賭博中毒になって生活が破壊するということがおこるようでないと、つまり仲間で賭けマージャンを楽しむ程度では刑法違反ではないそうです。辞表を出した検事長は、安倍晋三総理に忖度して昇進してきたらしいこと、新型コロナウイルス禍で不要不急の群がりはやめようと言っているのにマージャン卓を囲んだこと、何と仲間が産経新聞と朝日新聞の記者だったこと、どうやら産経新聞記者の供応を受けたことなどで不法不道徳と批判され、検事長の資格なしとされてしまいました。賭けマージャン好きで墓穴を掘りました。

 

| | コメント (0)

2020.05.21

言論の自由は素晴らしい

200521

   東京高等検察庁の黒川弘務検事長は、自由と独立の精神が乏しい人で安倍晋三内閣に悪用されてきた人のようです。実は臆病者だったのではないでしょうか。安倍内閣の不法性を隠すことに役立ったので安倍内閣は人事権を悪用して彼の権限をさらに強くする画策を行ったという批判が流れています。安倍内閣に対する批判は強まる一方で、それに伴い黒川検事長に対する批判も強まり、彼の言動は批判者達に厳しく観察される状態になり、ある新聞記者宅を訪問して賭けマージャンをやったとの情報を流されてしまいました。
   安倍内閣に対する批判網は目が細かくなる一方で、安倍総理はもちろん、閣僚も批判の目にさらされています。こうなると国家公務員も政治家も、安倍総理に忖度すると危険と思うようになります。安倍内閣の人事権の悪用という刀は血のりで汚れ、切れなくなってしまいました。平安時代の藤原道長のように得意満面だった安倍氏は、一気に孤立し、彼は絶望のどん底に落ちつつあります。
   いつまでも軍と警察を悪用できる独裁主義の国と、言論の自由のある日本との違いがよくわかります。やはり民主主義は独裁主義よりいいと思います。人の命の重視と言論の自由は素晴らしいと思います。
   自民党の時代が終わると思いますが、次の時代がよくわかりません。混乱の時代のような気がしてなりません。国会議員には有能な人が一人もいません。次の混乱の時代に有能な政治家が育つということでしょう。

| | コメント (0)

2020.05.19

社会は改善するか

200519

安倍晋三内閣ができて、金融が異次元になったというより、政治が異次元になり、国家公務員や自民党員が安倍総理に忖度するようになりました。安倍総理は人事権を悪用し、人を動かしました。国家公務員や自民党員に強い政治家を望む気持ちがあり、安倍総理の独裁を容認したのでしょう。

しかし、安倍総理の政治は最初から矛盾が多く、社会がよくなったという印象はまったくありません。彼の政治は異次元どころか、中途半端で思考が小さいことばかりでした。森加計騒動などは、それって総理のやることかと思うようなつまらないことでした。そんな安倍総理を守るために多くの国家公務員や自民党員が安倍総理に忖度しました。政治は狂いました。

新型コロナウイルス禍で安倍総理の経済政策が大打撃を受けると、次第に人々はあからさまに安倍総理を批判するようになり、安倍総理の失敗劇をやじるようになりました。安倍総理は自分の失敗を隠すことと、人々の人気を取り戻すことに注力していますが、これがまた人々の批判の対象になっています。すでに人々は安倍総理をあざけっていると言っていいと思います。都道府県知事は安倍総理の行動をあからさまに批判しています。安倍総理が無力化したと見た国家公務員や自民党員も忖度をやめ、自分の生き残りを重視するようになりました。こうなると安倍総理は何をやっても失敗劇となります。引退の花道がなくなってしまいました。

問題は誰が次の総理を担当するかですが、国会議員の中には誰もいないと思います。社会の混乱が続くと思います。新型コロナウイルス禍で産業構造も修正が必要になっています。ウイルス禍がなくてもすでに中央政府は実質破綻、放射性物質・廃棄物の脅威は未解決、巨大都市に対する大地震の脅威も未解決です。現在の政治家が動いても何もできないのではないでしょうか。人々が日本の深刻な問題解決にまじめに取り組まないと人々自身が地獄を経験します。中央政府の合理化近代化、原発の廃止、放射性物質・廃棄物の安全管理、巨大都市を捨て地方開発などは人々が決心すべきことです。

| | コメント (0)

2020.05.13

相撲は最も感染がおこりやすいスポーツの一つ

   新型コロナウイルスに感染し、肺炎および多臓器不全で28歳の力士が亡くなりました。前回の無観客大相撲は危険と思いましたが、その点について日本相撲協会は反省していません。病気と闘った力士や、治療に携わった医療機関をたたえただけです。無観客大相撲を独占放映したNHKにも問題がありました。無観客でも自分がテレビで放映するから大相撲をやってほしいと考えたと思います。新型コロナウイルスの危険性について理解が乏しいと思います。公共放送の責務を忘れていると思います。いかに日本の伝統であっても神事であっても人の命を最優先するのが現代の価値観です。

| | コメント (0)

2020.05.11

新型コロナウイルスは新感染者がゼロになってもに安心できない

200511

   このウイルスは免疫にやられない隠れ家(細胞または組織)を人の体の中に見つけたようです。すべての人でおこるか、免疫の弱い人でおこるかまだわかりません。症状が治ったかと思うとまた症状が出る恐れがあるようです。隠れ家に潜むウイルスをやっつける方法を開発する必要がありそうです。
   夜のクラブのような人が群がる場所は相変わらず集団感染をおこすようで行かないようにした方がいいようです。夜のクラブのような事業・仕事は衰退するかもしれません。今後は見つかった新感染者がゼロでも、感染者はいると思って、常識的な感染拡大防止対策を続けた方がいいと思います。必要度が小さい、人との交流は避けた方がいいということで今後の生活習慣が変わりそうです。収益性を回復できない事業・仕事が出てくるので現在の事業・仕事に見切りをつける決断力も必要になると思います。
   人が生きるのに必要なもの・サービスの提供事業・仕事は、感染する恐れがあっても死守しなければなりません。今回のウイルス禍ではよくこれらの事業・仕事が維持されたと思います。人々は、感染に不安を感じながらも社会の根幹が機能していることで冷静を保つことができていると思います。
   家・庭、町を住みやすい場所に改善することは、ウイルス禍とは関係なく、人生にとって重要なことだと思います。夜の居場所がないと思って夜のクラブなどに行って時間つぶしをやっている生活がいいかどうか、価値観の改善も必要ではないでしょうか。

| | コメント (0)

2020.05.06

日本は思い上がっていないか

2005061 

   今日で連休が終わりですが、新型コロナウイルス禍が去ったと確認することができず残念です。1月には危険を認識し、感染しないように工夫努力してきたのに3か月以上もたったのに新感染者実質ゼロを達成できないでいます。毎日の新感染者はどんどん減っているのですが、感染拡大がとまっていません。
   隣国中国、台湾、韓国などはすでにウイルスのコントロールに成功したと言われていますが、日本は感染不安が続いています。隣国に対策を学べばいいと思いますが、学んでいないようです。日本の医学水準の方が高いという思い上がりが、正しい行動をとる邪魔をしている感じがします。日本は自分を正しく評価できないようです。
   アメリカは日本より思い上がりがひどいようで現時点で7万人以上の死者を出し、ウイルス禍被害世界一になっています。トランプアメリカ大統領はアメリカ一番と言って大統領になった人ですが、言葉どおり悪いことでもアメリカは一番です。アメリカではまだウイルス禍は続くと言われていますが、トランプ大統領はウイルス禍は去ったと言わんばかりの強がりを言っています。また中国のせいでアメリカは大被害を受けたと言っています。アメリカの失敗の原因は何かという反省がありません。

| | コメント (0)

2020.05.04

自分のことしか考えていない

200504

新型コロナウイルスに感染したと思うような症状が出たのに軽症ということで帰省し、さらにふるさとの友人知人の集まりに行き、一段と体調が悪化したのでふるさとで感染検査を受け、陽性と結果が出たのにふるさとで隔離治療を受けることなく、東京に戻ったという人のことがニュースで流れました。本人は連休にやりたいことを計画どおり実行したということでしょうが、帰省でウイルスを他人にまきちらした結果になりました。このような帰省が多いと、地方での感染者が増えるのではないかと心配です。今年は無症状でも連休の帰省をやめた方がいいと思います。ウイルス禍が去ったら帰省すればいいことです。

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »