« 社会は改善するか | トップページ | 賭けマージャン »

2020.05.21

言論の自由は素晴らしい

200521

   東京高等検察庁の黒川弘務検事長は、自由と独立の精神が乏しい人で安倍晋三内閣に悪用されてきた人のようです。実は臆病者だったのではないでしょうか。安倍内閣の不法性を隠すことに役立ったので安倍内閣は人事権を悪用して彼の権限をさらに強くする画策を行ったという批判が流れています。安倍内閣に対する批判は強まる一方で、それに伴い黒川検事長に対する批判も強まり、彼の言動は批判者達に厳しく観察される状態になり、ある新聞記者宅を訪問して賭けマージャンをやったとの情報を流されてしまいました。
   安倍内閣に対する批判網は目が細かくなる一方で、安倍総理はもちろん、閣僚も批判の目にさらされています。こうなると国家公務員も政治家も、安倍総理に忖度すると危険と思うようになります。安倍内閣の人事権の悪用という刀は血のりで汚れ、切れなくなってしまいました。平安時代の藤原道長のように得意満面だった安倍氏は、一気に孤立し、彼は絶望のどん底に落ちつつあります。
   いつまでも軍と警察を悪用できる独裁主義の国と、言論の自由のある日本との違いがよくわかります。やはり民主主義は独裁主義よりいいと思います。人の命の重視と言論の自由は素晴らしいと思います。
   自民党の時代が終わると思いますが、次の時代がよくわかりません。混乱の時代のような気がしてなりません。国会議員には有能な人が一人もいません。次の混乱の時代に有能な政治家が育つということでしょう。

|

« 社会は改善するか | トップページ | 賭けマージャン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 社会は改善するか | トップページ | 賭けマージャン »