« 相撲は最も感染がおこりやすいスポーツの一つ | トップページ | 言論の自由は素晴らしい »

2020.05.19

社会は改善するか

200519

安倍晋三内閣ができて、金融が異次元になったというより、政治が異次元になり、国家公務員や自民党員が安倍総理に忖度するようになりました。安倍総理は人事権を悪用し、人を動かしました。国家公務員や自民党員に強い政治家を望む気持ちがあり、安倍総理の独裁を容認したのでしょう。

しかし、安倍総理の政治は最初から矛盾が多く、社会がよくなったという印象はまったくありません。彼の政治は異次元どころか、中途半端で思考が小さいことばかりでした。森加計騒動などは、それって総理のやることかと思うようなつまらないことでした。そんな安倍総理を守るために多くの国家公務員や自民党員が安倍総理に忖度しました。政治は狂いました。

新型コロナウイルス禍で安倍総理の経済政策が大打撃を受けると、次第に人々はあからさまに安倍総理を批判するようになり、安倍総理の失敗劇をやじるようになりました。安倍総理は自分の失敗を隠すことと、人々の人気を取り戻すことに注力していますが、これがまた人々の批判の対象になっています。すでに人々は安倍総理をあざけっていると言っていいと思います。都道府県知事は安倍総理の行動をあからさまに批判しています。安倍総理が無力化したと見た国家公務員や自民党員も忖度をやめ、自分の生き残りを重視するようになりました。こうなると安倍総理は何をやっても失敗劇となります。引退の花道がなくなってしまいました。

問題は誰が次の総理を担当するかですが、国会議員の中には誰もいないと思います。社会の混乱が続くと思います。新型コロナウイルス禍で産業構造も修正が必要になっています。ウイルス禍がなくてもすでに中央政府は実質破綻、放射性物質・廃棄物の脅威は未解決、巨大都市に対する大地震の脅威も未解決です。現在の政治家が動いても何もできないのではないでしょうか。人々が日本の深刻な問題解決にまじめに取り組まないと人々自身が地獄を経験します。中央政府の合理化近代化、原発の廃止、放射性物質・廃棄物の安全管理、巨大都市を捨て地方開発などは人々が決心すべきことです。

|

« 相撲は最も感染がおこりやすいスポーツの一つ | トップページ | 言論の自由は素晴らしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 相撲は最も感染がおこりやすいスポーツの一つ | トップページ | 言論の自由は素晴らしい »