« 安倍晋三内閣・自民党は隣国とまじめに平和外交をやっているか | トップページ | 疲れを知らない安倍晋三総理の外遊好きに感心するが、お金の無駄使い »

2020.06.28

アメリカとの安保条約や同盟が問題になりそう

   アメリカにとって困った問題は日本国憲法です。第9条で戦争放棄をうたっています。アメリカは日本政府にアメリカの戦争に協力せよと言います。安倍晋三内閣・自民党はアメリカに従おうとするのですが、日本の人々は憲法を盾にアメリカの戦争には協力しません。困った安倍総理は自分が総理の間に何とか第9条を変えたいと言い続けています。しかし大半の日本人は反対です。
   安倍総理がアメリカ政府のことを考え、日本の人々のことを考えないことに問題を感じる人が増えつつあります。近年アメリカの世界指導力が低下したことを感じているのでしょうか、アメリカに従順なだけでは日本のためにならないと思う人が増えています。政治家の中にもアメリカとの関係見直しを考える人が増えています。
   日本に対するアメリカの不満はつのる一方です。日本がアメリカの戦争に協力しないならアメリカも日本の防衛に協力しない、在日アメリカ軍維持費を全額負担せよなどと日本叩きを始めました。しかし日本は安易にアメリカに従順になれません。安倍内閣・自民党は、第9条を変えることができない、アメリカの防衛協力が期待できない、そこで日本が敵基地を攻撃する攻撃力を持ちたいなどと言い始めました。第9条を変えないまま、自衛隊の防衛活動範囲に敵基地攻撃を入れる考えです。第9条の実質無効化を画策していると思います。いつか第9条は実態に合っていないと言って変える戦略でしょう。
   アメリカとの安保条約や同盟が問題になりそうです。アメリカは在日アメリカ軍を自分の負担で維持し続けるか、それとも撤収するか決めなければならないでしょう。日本では自衛隊による敵基地攻撃を否定するか肯定するかが問題になるでしょう。中国やロシアとの平和外交が大きな問題になります。

|

« 安倍晋三内閣・自民党は隣国とまじめに平和外交をやっているか | トップページ | 疲れを知らない安倍晋三総理の外遊好きに感心するが、お金の無駄使い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安倍晋三内閣・自民党は隣国とまじめに平和外交をやっているか | トップページ | 疲れを知らない安倍晋三総理の外遊好きに感心するが、お金の無駄使い »