« 権力者政治家は政治に失敗する | トップページ | 保守主義では経済に元気が出ない »

2020.06.17

仏教団体がつくった空想世界

   80歳になり、老化を痛感し、死ぬことをよく考えます。墓は要らないと思っています。遺族が私の思いを実行してくれるかわかりません。火葬場で骨灰が出なければ問題ないのですが、どうしても出るようなので散骨を希望しています。
   土地がない都市部で広大な墓地が広がっているのを見ると異様な感じがします。墓をつくるという価値観が廃っていません。外には墓をつくり、家には仏壇をつくり、寺で供養してもらいます。人々は、仏教団体に、空想世界を洗脳され、洗脳されている自分に疑問を持ちません。これでは思考停止です。   
   墓に骨壺を埋葬した死者のことを思うのは埋葬した人など生前関係が深かった人です。死者について思い出を持っている人です。しかし、お参りするのにどうして墓、仏壇、寺と3か所も必要でしょうか。まったくお参りする所がなくても、思い出を持っている人はどこでも祈ることができます。供養は自分でもできることです。意味不明の僧の読経がどうして供養になるでしょうか。死者のことを思い出し、生前の死者やその死から学んだことを活かすことが最善の供養と思います。
   仏教団体が長い時間をかけて作りあげた空想世界を信じ、現代になっても疑問を持たず従うのでは知識に進歩がないと思います。真実を追求しない仏教団体などカネカネ宗教団体ではないでしょうか。そんな宗教団体に操られてお金を貢いでいるようでは現代に生きているとは言えないと思います。
   なお、墓地づくりを行政が担当する場合があり、公園墓地をつくることがあります。しかし公園墓地はやはり墓地でして決して人々が楽しむ公園になりません。行政は公園墓地づくりをやめるべきと思います。仏教団体がつくった空想世界に行政が振り回されているのはよくないと思います。
   ところで老人割合が増えたせいか、死者も増え、火葬場が不足しているようです。火葬場があくまで、遺体をどこかに冷却保存しなければなりません。現代はちゃんとした冷却施設があるようですが、従来どおり自宅でドライアイスなどを使って棺を冷やし保管する場合もまだ多いようです。いずれの場合でも腐敗が進み、不潔になる恐れがあります。火葬は清潔だと思います。しかし、従来の重油で焼く方式が合理的近代的か疑問です。火葬技術を改善し、さらに火葬能力を上げ、遺体の冷却保存を避けることが望ましいと思います。

|

« 権力者政治家は政治に失敗する | トップページ | 保守主義では経済に元気が出ない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 権力者政治家は政治に失敗する | トップページ | 保守主義では経済に元気が出ない »