« 仏教団体がつくった空想世界 | トップページ | 現在の日本は無気力 »

2020.06.18

保守主義では経済に元気が出ない

   髪の毛が非常に長くなったので1000円カットの店に行くのですが、カット待ちのお客さんがおおぜいいて、待つのが嫌でなかなか髪の毛をカットできません。昔の高い理髪店に行けばすぐかってもらえると思いますが、いまさら髪の毛ぐらいに数千円も払う気がしません。そこで電気バリカンを買いました。妻に生え際をかってもらうことにしました。今回のウイルス禍で昔の高い理髪店は一段と減るでしょう。1000円カットの店もお客さんが減るかもしれません。
   理髪に限らず、人々の消費は全体としては縮小、消費行動にも変化がおこるでしょう。人々は、生きるのに必要なもの・サービスにお金を使うが、無駄使いは減るでしょう。当然のことながら政府も自分を合理化近代化しないと税金だけで運営することは不可能です。
   1990年以降、経済成長しないことを心配し、政府主導で収益拡大を狙って大規模な経済活動をやってきましたが、非常に投資効果が悪く、赤字累増、借金累増という結果になっています。
   近年、東京オリンピック開催で収益を上げたいと、官民あげて開催準備に投資してきましたが、今年の夏の開催は流れ、来年はやるかやらないかわからない、仮にやっても規模縮小ということでやはり投資は大損でしょう。なお、ウイルス禍がなくてもオリンピック開催事業は全体としては損になったと思います。
   政府主導の大規模経済活動は失敗続きです。収益事業はやはり民間にまかせた方がいいのではないでしょうか。収益が上がらない老化した民間事業を延命させるような政府の保守経済援助政策ではなく、事業・仕事の改善・新技術・新製品・新サービスに挑戦する民間事業を支援する進歩経済政策をとるべきだと思います。老化した会社などの倒産は必然的な新陳代謝と考えるべきです。老化した会社などから新会社などへの人材の流動を促進することがだいじです。
   総理が保守では政府の合理化近代化は実行できません。安倍晋三総理が政府を合理化近代化できる訳がありません。保守主義とみずから言っているような自民党・公明党の政治家を国会に送っているようでは人々は政府の堕落と人々の貧困層拡大を容認しているようなものです。

|

« 仏教団体がつくった空想世界 | トップページ | 現在の日本は無気力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仏教団体がつくった空想世界 | トップページ | 現在の日本は無気力 »