« 仏教、キリスト教、イスラム教、ヒューマニズム | トップページ | 自民党・公明党を含めて現在の国会議員に政治献金しても空しい »

2020.07.09

コロナウイルス撲滅に注力した方がいい

200709

   経済を心配してウイルス感染拡大防止対策が緩和され、いっこうに集団感染発生がとまりません。大半の人々は感染を恐れます。外出を自粛します。つまり経済は改善しません。積極的に感染者を探し、隔離治療するのが正しいと思います。中央政府も東京都も判断を間違っています。経済低迷を長引かせています。

   世界を見ると恐るべき感染拡大がおこっています。世界から感染者が来る、あるいは日本人が外国に行って感染して帰国すると思うと、国境をこえて人は交流しません。この状態で来年の東京オリンピックに行きたいと思っている人はどれほどいるでしょうか。ウイルス禍の心配で頭がいっぱいでしょう。日本のオリンピック関係者は、開催したい、感染拡大防止対策を行って開催したい、規模を縮小して開催したいと言っていますが、規模を縮小してもコストが大幅に増えることは明白です。その上、問題が多発します。問題解決に関係者は疲れてしまいます。苦難を乗り越えて開催したということで評価する人もいると思いますが、空しさを感じる人がほとんどと思います。思い切って中止を決断すべきです。

   東京都も中央政府も、オリンピックに期待して投資したホテル、店なども大損ですが、損切りして事業・仕事の再計画を立てた方が回復が早いと思います。オリンピック執着の方が大損になると思います。

   事業家・仕事人は行政が規制したから収益が減ったと考えるのは未来志向ではありません。ウイルス禍のせいで収益が減ったと考え、自発的に事業・仕事の見直しをしなければならないと思います。今回のウイルス禍で経済構造、産業構造が変わると思います。ウイルス禍が去れば元の経済構造、産業構造が回復するということはないと思います。

|

« 仏教、キリスト教、イスラム教、ヒューマニズム | トップページ | 自民党・公明党を含めて現在の国会議員に政治献金しても空しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仏教、キリスト教、イスラム教、ヒューマニズム | トップページ | 自民党・公明党を含めて現在の国会議員に政治献金しても空しい »