« 安倍晋三内閣は空しい経済回復策にとりつかれている | トップページ | 安倍晋三内閣はただのカネカネ内閣 »

2020.08.02

世界を見る目、未来を見る目がないと政治は失敗する

   安倍晋三内閣を見ていると東条英機内閣を思い出します。東条内閣は世界を見る目、未来を見る目がなく、無謀な戦争をして、日本を破滅させました。戦争に勝っていると人々にうそを言い続けてきましたが、実は敗戦続きで自分の周囲の政治家達を騙し続けることはできず、自分も勝算を失い、サイパン島日本軍全滅の報を受け、東条内閣は総辞職しました。

   安倍内閣は異次元の金融緩和・財政出動で無謀な経済成長に挑戦し、最初から失敗続きです。緩やかに経済成長していると人々を騙してきたが、貧困層は確実に拡大しています。世界の経済機関は日本は経済衰退中と評価結果を発表しています。今年になってウイルス禍で大幅な経済縮小がおこり、今やっているGo toキャンペーンも失敗に終わりそうです。ウイルス禍対策も失敗に終わりそうです。安倍総理は勝算を失っています。独裁主義、国土拡大主義の中国と対立するくらいはまだ理解できますが、民主主義の韓国に経済制裁を加えるなど常軌を逸した外交には仰天です。外交の失敗も経済縮小の原因になります。来年に延期と言っていたオリンピックが来年も中止と決まったらもう安倍内閣も総辞職するしかないでしょう。

|

« 安倍晋三内閣は空しい経済回復策にとりつかれている | トップページ | 安倍晋三内閣はただのカネカネ内閣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安倍晋三内閣は空しい経済回復策にとりつかれている | トップページ | 安倍晋三内閣はただのカネカネ内閣 »