« 欲深になって詐欺師に騙される病気の老人 | トップページ | 菅義偉総理の外交方針は安倍晋三前総理と同じ »

2020.09.21

人命、自由、平等重視の戦後の価値観は素晴らしい

   私は80歳です。農家の次男を父とし、極貧の家庭に育ちましたが、戦後の価値観のおかげで、会社の技術者として技術開発分野で仕事をすることができ、経済成長に貢献し、自分の生活水準もまずまずの状態になっています。事業家・仕事人として生きるのがいいのではないかと考え、子孫から事業家・仕事人が育つように工夫努力しています。子孫が事業家・仕事人として世界の人々の生活水準向上に貢献出来たらいいと思っています。(注)私の父の最後の職は地方公務員、義父は国家公務員でした。

   公務員・政治家も重要な職と思いますが、多様な価値観の人々を管理して社会改善をはかることは容易ではありません。仕事に疲れ、夢破れて自分が昇進昇給することだけを考えるようになると税金泥棒のような生き方になります。選挙で当選するため、人々に頭を下げ、当選すると、反動で、権力者になったと威張る政治家になっても社会改善に貢献できないでしょう。公務員・政治家は実は非常に不自由なことが多いと思います。

   残念ながら戦後の価値観が近年乱れてきて、人命軽視、不自由、不平等が目立ってきました。公務員・政治家が崩れてきました。政府が大赤字なのに一向に政府を合理化近代化しません。複雑で危険な町づくりが平然と行われています。産業が低迷し、経済が横這い、貧困層が拡大しているのに問題と思っていません。保守で何とかやって行けると安易です。政治ロマンを欠いています。

   公務員・政治家に頑張れと言ってもなかなか頑張れないでしょう。事業家・仕事人が頑張らなければならない時代と思います。人命、自由、平等重視の価値観で事業・仕事に注力すると、夢が実現するように思います。日本の崩ればかり気にしていると、自分の事業・仕事までおかしくなります。

|

« 欲深になって詐欺師に騙される病気の老人 | トップページ | 菅義偉総理の外交方針は安倍晋三前総理と同じ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 欲深になって詐欺師に騙される病気の老人 | トップページ | 菅義偉総理の外交方針は安倍晋三前総理と同じ »