« 宗教の中国化って何だろう | トップページ | ゲートボール上手が自分の部を崩壊させることがある »

2021.12.07

「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」の集団参拝は不気味

211207

12月7日、今日、「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長 尾辻秀久氏が)の99人が靖国神社を集団参拝したそうです。靖国神社は宗教法人です。政治的意図を感じます。宗教政治復活を画策する不気味な人達です。彼らが政治を担当すると、靖国神社信者以外の人を差別することになるでしょう。

戦死者の慰霊は終戦の日(8月15日)に武道館で行われる全国戦没者追悼式で十分です。政府と人々が一緒に行う、特定の宗教に関係ない慰霊式です。

あと、常設の墓苑としては千鳥ヶ淵戦没者墓苑があります。先の大戦で海外における戦没軍人および一般邦人の遺骨を納めた「無名戦没者の墓」として1959年に創建されました。2021年5月現在37万114柱が、墓苑の六角堂内に安置されています。毎年5月に厚生労働省主催の慰霊行事として拝礼式が、また、年間を通じて各種団体主催の慰霊行事が随時行われています。

無名でない戦没者は遺族の方がお墓をそれぞれ持っているか、遺族の方の考えでお墓を持っていないかではないでしょうか。靖国神社に位牌を託した人もいるでしょう。その方法は遺族の方々の自由だと思います。政府がとやかく言う問題ではありません。

 

 

 

|

« 宗教の中国化って何だろう | トップページ | ゲートボール上手が自分の部を崩壊させることがある »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宗教の中国化って何だろう | トップページ | ゲートボール上手が自分の部を崩壊させることがある »