« 折角いただいたあずき最中だが処分した | トップページ | 政治家らは子供達に将来戦場に行く道をつくっている »

2022.05.03

日本でしか通用しない憲法は未完成

2205033

憲法記念日です。憲法が施行された1947年以来、75年間、一度も改正されなかったので憲法の完成度が非常に高いのかと思うとそうではありません。実は日本は憲法をそれほど重視していません。改正という手続きをとらず、適当に憲法を解釈して日本はやりたいことをやっています。日本が法を軽視している証拠です。裁判所も法を軽視していますから日本は混乱する方向です。憲法学者も現状を問題視しません。不真面目な憲法学者がほとんどです。学者水準が低いと思います。

憲法に問題があったら解釈ですまさず、国会、そして十分な国民的議論のあと、国民投票を行って改正するのが筋です。

日本の未来を考えると、憲法を世界に通用する法に近づけることは非常に重要なことだと思います。伝統文化に縛られた憲法は、世界との協調性に欠け、日本の自由度を下げます。外国を差別する憲法も同じ問題を起こします。憲法も合理化近代化が非常に重要だと思います。

戦争による国土拡大をしてはならないという法は国連常識です。さらには世界常識です。国は行政区です。これは正しいと思います。権力者政治家が、独裁、外国介入、国土拡大などの野望を持つと、戦争することがほとんどです。憲法第9条(戦争の放棄)は世界に通用する法です。

憲法では政治が特定宗教に左右されないようにするため、政教分離を定めています。今後は民族に左右されない政治が重要です。ウクライナ東部や南部はロシア系が多かったのか、ロシア系はロシアの政治を求めすぎ、ロシア介入を招き、現在のロシアのウクライナ戦争がおき、混乱地域となってしまいました。ロシア系はウクライナの政治が民族をこえる政治になるように改善努力することが正しかったと思います。ウクライナはロシア系を包容する政治に改善すべきでした。

政党制は政治家個人の自由を奪っていると思います。政党に所属するため自分を殺している政治家が多いと思います。徒党を組むことと同じ悪い面が多いと思います。

二院制はどうも無駄です。昔は良識の参議院と言われましたが、今は政党争いの参議院で衆議院と同質です。国会は一つの国会でいいと思います。

最後に、これは一番重要だと思うが、総理は国会が選ぶのではなく、国民投票で選ぶべきです。国会が選んでいるようでは政治が国民から遠いと思います。

|

« 折角いただいたあずき最中だが処分した | トップページ | 政治家らは子供達に将来戦場に行く道をつくっている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 折角いただいたあずき最中だが処分した | トップページ | 政治家らは子供達に将来戦場に行く道をつくっている »