« 宗教団体は不道徳不法になりやすい | トップページ | 自民党は自由民主主義ではない »

2022.07.13

無党派と自民党支持派の対立

今度の参院選で自民党は単独過半数の議席をとれた、改憲賛成政党が国会の2/3以上を占めたと喜んでいるが、50%ぐらいの無党派はそんなに簡単に自民党の改憲案に賛成しないのではないかと思います。

無党派は政治無関心の人もいますが、既存政党に満足しない、自分の思考を大切にする人が多いと思います。自民党が無党派を軽視しているなら大間違いです。

確かに改憲反対政党は議席が少ないと思いますが、これらの政党は本質マイナーです。自民党が真剣に改憲案を検討してもらわなければならないのは実は無党派だと思います。自民党は無党派に丁寧に憲法改正案を説明してきたでしょうか。自民党は改憲ムードをつくってきたが、改憲案を無党派と議論したことはないと思います。

無党派という政党はありませんが、自分が無党派であることに自信をもっている人は多いと思います。無党派には自民党を問題と思っている人が多いのではないでしょうか。

|

« 宗教団体は不道徳不法になりやすい | トップページ | 自民党は自由民主主義ではない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宗教団体は不道徳不法になりやすい | トップページ | 自民党は自由民主主義ではない »