« 年金は減額になったが物価は大幅に上昇 | トップページ | 世界平和統一家庭連合と関係した政治家の反省の弁が目立ち始めた »

2022.08.04

私の町では創価学会会員が長い間民生委員をやっていた

福祉分野で町のボランティアとして活動してきた女性で、私の娘家族が、統合失調症になってしまった隣家の人から夜昼なく大声で中傷を受けて悩んでいた時、彼女は、区の福祉保健センターと共同して隣家の人を専門医にみてもらうように手配し、見事に成功し、隣家の人の症状が改善し、中傷はなくなり、娘家族に平安が戻ったということがありました。一生懸命民生委員の仕事に取り組んだ人でした。

彼女は民生委員という立場を利用して人を創価学会に勧誘したことはないようでした。しかし創価学会の会員であることは隠さず、自分の家の塀に箱をつけ、聖教新聞を箱に入れ、読みたい人は自由に持って行っていいようにしていました。自分から創価学会に入りたいと言ってきた人には案内したと思います。しかし彼女を通して入会した町の人のうわさを聞いたことはありません。

私も防災、夏祭り、公園分野の町のボランティアでしたので彼女とお話をすることが多かったのですが、彼女から創価学会の勧誘を受けたことはありません。生き方、町の在り方などで話し合ったとき、「意見が合ってよかった」という言葉を何度も聞きました。意見が合わないことを心配している風でした。ちょっと確信的なものの言い方をする人だったの反対されることもあったのではないでしょうか。私も何度かその認識は違うと思うと彼女に言ったことはあります。

彼女と私は、どちらも価値観の違いを感じていたようで、残念ながら友人にはなっていません。

現在、彼女は民生委員は引退して町の社会福祉協議会会長を務めています。協議会はいろいろとサービスを企画実行していますが、サービスの継続拡充に苦労しているようです。

|

« 年金は減額になったが物価は大幅に上昇 | トップページ | 世界平和統一家庭連合と関係した政治家の反省の弁が目立ち始めた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年金は減額になったが物価は大幅に上昇 | トップページ | 世界平和統一家庭連合と関係した政治家の反省の弁が目立ち始めた »