« 私の町では創価学会会員が長い間民生委員をやっていた | トップページ | 自民党は世界平和統一家庭連合を捨てる »

2022.08.05

世界平和統一家庭連合と関係した政治家の反省の弁が目立ち始めた

茂木敏充自民党幹事長が、自民党は連合と関係ない、連合と関係している政治家は縁を切れと言っているし、マスコミの追求は厳しいし、やがて国会で野党から厳しい追及を受けるし、あれやこれやで、のらりくらりでは政治家人生暗いと思ったようで、反省すると口にする政治家が増えています。

政界では赦されても次の選挙で赦されるかはわかりません。連合と関係した事実は政治家の信用を落としました。信用失墜はその政治生命を奪うと思います。

自民党あるいは政治家の支援を失った連合(日本教会)は、多くの被害者から裁判を起こされ、賠償を強いられ、やはり信用を失って宗教法人の資格を失うかもしれません。また名称を変え、任意団体として活動を続けることになるかもしれません。

連合の犯罪、自民党などの犯罪が明るみに出たことで宗教界の浄化、政界の浄化がちょっと進んでいます。しかし宗教界、政界の腐敗は非常に深いのではないかと思います。まだ腐敗菌はうようよいると思います。否、腐敗菌に免疫を持っている人が増えることが肝心だと思います。

宗教から迷信を除去し、政治から、国会議員になるためには不法不道徳な支持団体も利用する不法不道徳を除去しましょう。

安倍晋三元総理の国葬はやめ、安倍元総理の不法不道徳を詳細に調べ、公表することは、政治改善に有効と思います。事実をうやむやにすることが一番政治に悪いことだと思います。亡くなった人を罰しないという価値観があります。亡くなったのですから罰することは不可能です。当人は何をされても何も感じません。遺族が苦悩するという問題はあります。しかし政治の改善のためには安倍元総理の不法不道徳は公にされるべきと思います。

|

« 私の町では創価学会会員が長い間民生委員をやっていた | トップページ | 自民党は世界平和統一家庭連合を捨てる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私の町では創価学会会員が長い間民生委員をやっていた | トップページ | 自民党は世界平和統一家庭連合を捨てる »