« 自民党は世界平和統一家庭連合を捨てる | トップページ | 太陽エネルギー利用に関する東京都の企画を応援する »

2022.08.09

岸田文雄総理は核兵器をなくすと言うが、行動がない

広島に続いて長崎の平和記念式典に臨み、岸田総理は挨拶したが、挨拶の内容は広島と同じで、心のこもった挨拶ではありませんでした。

彼は核不拡散条約が重要と言ったが、核兵器禁止条約の方がはるかに重要だと思います。どうして、核兵器をなくすと言うのに核兵器禁止条約を批准できないのでしょうか。

中国、朝鮮(北)、ロシアの脅威を感じ、あるいはアメリカとの同盟に配慮してアメリカの核の傘はいらないと言えないからです。言えないどころか、アメリカの核の傘の下にいたいと言うのですから核兵器は有用と言っているに等しいと思います。

岸田総理は言行不一致です。歴代総理と同様、核兵器をなくす工夫努力はしません。明日内閣を改造するそうですが、新内閣も世界平和づくりは何もできないでしょう。

|

« 自民党は世界平和統一家庭連合を捨てる | トップページ | 太陽エネルギー利用に関する東京都の企画を応援する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自民党は世界平和統一家庭連合を捨てる | トップページ | 太陽エネルギー利用に関する東京都の企画を応援する »