« 2023年3月 | トップページ | 2023年5月 »

2023.04.28

軍国主義でも日本軍は弱かった

憲法で戦争放棄をうたっているように現代日本は平和主義です。世界の誰かが日本の自衛隊は強いと評価してくれても真に受けることは危険と思います。

太平洋戦争前の日本は軍国主義で、国民も戦争に意気軒昂でした。それなのに大陸においてはアメリカに支援を受けた中国を攻めあぐみ、武器弾薬食料医薬などの不足に苦しんでいました。南方のインパール作戦では大敗を喫し、全滅でした。太平洋においては真珠湾攻撃に失敗し、その後の海戦は大敗また大敗で、空母、大型軍艦はすべて失うという悲惨さでした。私の叔父は、横須賀から3回軍艦で出撃したが、一度も戦闘することなく、アメリカの潜水艦に撃沈され、海を漂い、僚船に救われて日本に帰り、終戦を迎えて生き残りました。日本軍はぜんぜん強くなかったのが事実です。

まして平和主義の現在、自衛隊は、アメリカ軍と軍事演習をやっている点、多少強いと思いますが、隊員の戦闘意欲や、国民の戦争意欲は、太平洋戦争前に比すべきものはないと思います。

台湾有事は日本有事と言って、あたかも日本は中国の台湾戦争に参戦するかのような鼻息の荒い言説を聞きますが、戦争する決意を固めているような政治家、自衛隊員はいないのではないかと思います。ほとんどの国民は、頭では戦争肯定でも、心の中では戦争を覚悟しているような人は一人もいないと思います。

日本の防衛力は、洋上で、敵の攻撃を防ぐことができている時までで、敵の攻撃が国土に及ぶようになると、太平洋戦争時、アメリカの軍艦から砲撃を受けたり、戦闘機や爆撃機の空爆を受けて国民が逃げ惑ったあの状態に陥ると思います。

「トマホーク」のような巡航速度900km/h程度の長距離ミサイルを400発持っていても、敵は洋上で迎撃すると思ます。敵基地に反撃を食わせるとという防衛省・自衛隊の作戦はミサイルの無駄使いに終わると思います。

自衛隊は防衛を深追いして隊員を戦没させてはいけません。隊員は、命を捨てて国を守っても守ったことになりません。降参して生き残った方が国のためになります。負けて勝つ方が得です。人が生き生きと生きている国はいい国です。戦争あるいは戦争不安で暗い国民は不幸です。

日本は戦争放棄の国であるだけでなく、戦争しても勝てない国であることを知るべきと思います。戦争放棄は世界最先端の法と信じ、筋金入りの平和主義で世界と交流した方が、間違いなく日本は平和で得と思います。

見栄を張ったり、背伸びして、大被害・大損失を受けるような愚かな国であってはなりません。平和では世界トップクラスのアイスランド(島国)、ニュージーランド(島国)、アイルランド(島国)の政治をよく学ぶべきと思います。

軍事力世界トップクラスのアメリカ、中国、ロシアの政治に憧れてはいけません。アメリカは、間違いなく衰亡中です。中国は、アメリカと対立・対決するため従来の順調な経済成長はもう望めません。中国の低迷が顕著になります。ロシアは、不法なウクライナ戦争に執着して先進国に批判非難され、経済交流を嫌われ、衰亡は加速すると思います。ロシア連邦の崩壊の確率は高まっています。朝鮮(北)が、軍事力を強化しているが、国民生活はどん底です。いい政治とほめる人は世界に一人もいないでしょう。恥ずかしい政治です。

ところで岸田文雄内閣は、防衛力・アメリカとの同盟強化に非常に熱心です。国民の貧困化が進み、やはり恥ずかしい政治です。

| | コメント (0)

2023.04.17

岸田文雄総理が暗殺されそうになった

安倍晋三元総理は、若い男性に暗殺されましたが、その安倍元総理を、偉大だったと言って国葬までやった岸田総理が、やはり若い男性に暗殺されそうになりました。男性は理由を言っていませんが、岸田総理に怒り憎しみを覚えていることは事実と思います。

岸田総理は、何故か防衛・戦争に強い関心を持っているようで、防衛力・アメリカとの同盟強化に非常に意欲的です。しかし、人々の貧困化という深刻な問題に関してはよく対策を講じているとの印象をまったく受けません。

諸物価高騰という貧困層を直撃している現実の問題には無策で、労働対価の大幅なアップはできていないし、今後の日本経済を支えると期待される国内生産を拡充することができていません。富の分配がうまく行っていません。

貧困層は諸物価高騰に耐えるべく、ひたすら節約を強いられています。日本の教育水準は低下しつつあるだけでなく、十分な教育を受けることができない若者が増えています。政策に産業のビジョンがないので、若者は、情熱がわく産業を心に描くことができず、自分の未来の事業・仕事に関する希望をなかなか具体的に持つことができません。従来どおり何となく第三次産業に就職し、安い労働対価でこき使われ、結婚はできず、家庭を持てず、孤独で不安です。

それなのに岸田総理は防衛だ、戦争だと騒いでいます。貧困層は不安だけがつのってきます。

これが岸田総理暗殺を考えた若者の心の状態だったかは知りませんが、岸田総理の政治が、人々、特に貧困層の不安を助長していることは事実です。

防衛・戦争と騒ぐより、例えば日本の林業を復活させようと言って、林業基盤整備に年1兆円の予算を組み、荒れ放題の山林管理を強化し、林業を着実に拡充する方が若者にはわかりやすいと思います。最新の林業機械を使えば、決して林業は苦しいだけの仕事ではありません。輸入材などをどんどん減らし、国産材で代替していくと、若者は、自分の特長を活かせない都市部の第三次産業から地方の近代化された第一次産業に移り、解放感を味わうことができると思います。自分を取り戻すことができると思います。

防衛・戦争に若者を吸収するような愚策は決してしてはいけません。若者は健全な生産に従事してほしいと思います。

| | コメント (0)

2023.04.15

抗がん剤点滴を中止してすでに1か月が過ぎたが、咳、お腹の膨満感、息切れが治らない

吐き気、むかつき、味覚異常はないが、お腹の膨満感が続き、楽しく食事ができません。最悪は咳で、話すと咳き込みます。仕事や運動をすると息切れします。

4月18日(火)、病院に行き、抗がん剤を点滴する予定になっていますが、事前に医師とよく相談します。余命が減っても抗がん剤副作用に苦しまない治療を希望します。副作用が残っている状態での点滴は恐怖です。

| | コメント (0)

2023.04.05

日本は地球温暖化防止の重要性を理解していない

岸田文雄総理は、原子力を利用すれば地球温化防止になると誤解し、非科学的です。原子力は地球を加熱するだけです。極端な言い方をすれば地球を太陽にする行為です。放射能まみれにします。

小池百合子都知事は、太陽電池利用拡大政策を実行に移したので、地球温暖化防止の重要性がわかっていると評価したのですが、日本人の歴史的文化的価値観と言っていい神社の森重視について、厳粛な思いで維持拡大をはかるべき明治神宮外苑の樹木を約1000本伐採して、スポーツ施設を建設することを認可したと聞いて、小池都知事も地球温暖化防止の重要性を理解していないと思いました。

3月がんで亡くなった坂本龍一氏は、死の床から小池都知事に神宮外苑の樹木の伐採をやめてくれと訴えたそうです。すると小池都知事は明治神宮に言えと言ったそうです。都は法律に基づいて許認可を行っただけだと言わんばかりでした。緑アップの重要性をまったく理解していない、また神社の森の歴史的文化的価値を理解していない無知な発言でした。

確かに神社でありながら、神社の森の価値を理解していない明治神宮は大問題です。敷地を切り売りしてまでお金がほしいのかと悲しい思いがします。明治神宮に神社としての価値はないと思います。ただの観光地だと思います。信仰の対象としては無価値だと思います。

明治神宮の愚行に手を貸した三井不動産、伊藤忠商事、日本スポーツ振興センターも、日本の歴史的文化的価値観無視のカネカネの企業や団体です。

地方に行けば日本は森林が豊富で非常に美しい国です。しかし都市部は無機質です。有機物の人間が無機質な都市部でひしめきあって生活しています。人間性を失い、精神を病み、虫けらのように生きて死にます。一見都市部の人間は活動的に見えますが、実は人間らしく生きていません。孤独で不幸です。

都市部に空間を、都市部に緑を。これは人間性を取り戻すために非常に重要なことです。そして地球温暖化防止になります。宗教団体であることを忘れた明治神宮、かねかねの三井不動産、伊藤忠商事、日本スポーツ振興センターに日本を支配されてはいけません。

主役は、生き生きした日本の人々であれ!都市部は緑アップが重要。

| | コメント (0)

2023.04.04

抗がん剤点滴の延期をお願いし、受け入れられた

病院は10時半予約だったが、10時に医師と会うことができました。私の衰弱を察し、診察を早めてくれたようです。医師は副作用がひどい状態で抗がん剤点滴継続はできないと言って2週間延期し、2週間後も副作用が問題ない程度になったか確認して、量を減らすことを考えるとのことでした。

患者の心にも配慮してくれていると思い、安心しました。抗がん剤治療を弱めることで延命効果は減ると思うが、未来のことは私にはわかりません。死が早まっても普通の生活ができた方がいいと思っています。副作用に苦しむのは嫌だと思います。

利用する薬局を病院の敷地内にできた新しい薬局にかえました。近代化されていました。従来の薬局は病院から距離があり、不便でした。薬がないとか、請求額を間違えるなど、問題もありました。しかし、この新しい薬局は、不正競争防止法違反ではないかと疑問を持ちました。病院敷地内にあれば断然有利です。病人は、敷地内薬局の方が助かります。

| | コメント (0)

2023.04.03

耐えがたい副作用は、咳と喉の痛みに絞られてきた

3月14日(火)10回目の前立腺がん抗がん剤点滴を受けてから副作用が目立つようになり、1週間後の21日(火)には、飲めない、食べることができない、動けないという重篤な状態に陥りました。23日(木)、24日(金)に病院に行き、消化器系の検査を受け、消化器系の薬をもらったが、効果なく、悪夢を見て死ぬ恐怖にとりつかれるようになりました。30日(木)、自分で病院に行く力を失い、とうとう妻につきそってもらって病院に行きました。緊急でCT検査など受け、輸液の点滴を受けました。

入院の提案があったが、ゲートボール部の心配があったので通院治療を希望し、経口栄養剤をもらって帰りました。

31日(金)から毎朝経口栄養剤を250mL、必死の思いで飲んでいますが、栄養補給になっているようで体が副作用から回復していると感じるようになりました。味覚が回復し始め、ちらしずし、煮込みそば、茶わん蒸しなどおいしいと思うようにまりました。

お腹の膨満感は消えていないが、吐き気、しゃっくりなどは治まってきました。

咳と喉の痛みは続いています。話すと咳き込むので、話さないようにしています。口内分泌が非常に多く、つばがだらだらと出ます。消化器系の不調が治っていない感じです。

明日、4月4日(火)抗がん剤の点滴を受けるため病院に行きますが、点滴は延期してほしいとお願いするつもりです。副作用で生活できない状態は非常に苦しいことです。最近3週間の生活は地獄でした。

 

| | コメント (0)

2023.04.02

抗がん剤の副作用が未だに消えず、苦しい

吐き気、咳、お腹の膨満感は相変わらずひどいが、味覚がよくなってきました。今日は朝下痢をしましたが、気にしないことにしています。出した方がいいと医師に言われているからです。

病院で処方してもらった経腸栄養剤250mLを昨日から朝飲んでいます。抹茶味、バニラ味など味が数種類ありますが、抹茶味は、抹茶の味どころか熱帯の果物にある反吐がでそうな気持ちの悪い味がし、コーヒーミルクと交互に呑んでやっとの思いで飲み干しました。バニラ味はちょっと甘いだけで何とか飲めました。

水をあえてよく飲むようにして脱水状態になることを防いでいます。お腹が水だらけという感じで、しゃっくりで戻しそうになります。しかし、水不足は危険だと医師に言われ、必死に頑張ってます。

少量ですが、固形物も食べています。寿司がおいしいと感じるので巻きずし、ちらしずしなどを食べています。酢でしめたピクルスがおいしいのできゅうりを酢でしめて食べています。

店の名前をあげて恐縮ですが、生協、セブンイレブンなどのサンドイッチ、おにぎりはおいしいと感じました。パンが薄切りで柔らくて口の中でとけるような感じで食べやすいと思いました。ファミマのハムサンドはハムがしょっぱすぎてのどを通りませんでした。パンも厚切りでばさばさして食べにくいと思いました。

ミニトマトではない普通のトマトは抵抗がありません。キウイフルーツもおいしと思いました。

煮込みそばはおいしいと思いました。しかし、栄養を考え、生卵を落とし、白身が固まる程度に加熱したそばのつゆは卵の黄身の味がつゆの味を悪くすると思いました。卵の黄身をこわさないように、また固まった白身をさけてつゆをのむとおいしいと思いました。この方法で煮込みそばもおいしく食べることができました。

ご飯は梅干しと食べると何とか食べることができました。のりの佃煮はご飯に合いませんでした。

水不足、栄養不足から解放されたようで、睡眠中、悪夢を見なくなりました。目が覚めると、しゃっくりが出たり、咳が出るので、起きて静かにして治まるのを待つようにしています。

のどの痛みはいまだに続いています。消化器系の荒れと関係がありそうです。痛みよ、去れと祈りながら耐えています。

総合的に見て副作用は峠をこえたと思います。死ぬと恐怖におののく悪夢から解放されたからです。

抗がん剤はもう嫌だ。これが本音です。

| | コメント (0)

« 2023年3月 | トップページ | 2023年5月 »