« ロシアのウクライナ戦争を終わらせるには | トップページ | 日本の事業・仕事環境が急速に悪化している »

2023.08.22

83歳、末期がんという状態にめげず、新事業企画に挑戦

70代は町のボランティアとして一生懸命活動してきました。今年の夏祭りのためにリヤカーを台車として利用した子供用太鼓山車を制作しました。これは70代後半、町に提案をし、やっと82歳のとき実行の時が来たので実行し、無事、今年の夏祭りに間に合いました。町の子供達に元気を与えるよき山車になったと思います。

夏祭りが終わって家の中や庭を片付けながら、80代はいかに生きるかと考えました。次女が、これまで東京で情報関連の仕事をやってきたが、昨年秋、食と食料生産の分野で事業・仕事をやりたいと神奈川県西部の開成町に移住しました。水田地帯が都市化しつつある町ですが、北部にはまだ水田が広がっています。開成町は小田原という食品加工が発達した地域と、県西部の山地・農地の地域の間にある町で、食料生産と食品加工・食料市場を結ぶのに適した町です。県西部の山地・農地の食料生産については面積大規模化ではなく、現代・未来型食料生産を実験するのに適していると思います。

娘を応援しています。私はサラリーマンでした。事業家・仕事人になりたいと思い、サラリーマン稼業をやりながら、自分の事業・仕事を考えてきました。会社を55歳で退社し、自分の夢に挑戦しましたが、61歳のとき大腸・直腸がんの手術を受け、事業・仕事意欲を失い、年金生活に入り、ボランティア活動に注力しました。約20年間、ボランティア活動に夢中でしたが、80代になり、前立腺がんの治療を受けるようになって、死ぬ時が近いと思いつつ、不思議なことに事業家・仕事人になりたいという思いが復活してきました。娘を応援しながら事業・仕事について考えています。

頭の中で事業の構想がだんだん煮詰まってきました。娘と協働で新事業の調査を進めようと思います。

|

« ロシアのウクライナ戦争を終わらせるには | トップページ | 日本の事業・仕事環境が急速に悪化している »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロシアのウクライナ戦争を終わらせるには | トップページ | 日本の事業・仕事環境が急速に悪化している »