« 近所に住む、閉じこもりの50歳ぐらいの男性が私の真鯉の飼育に反応 | トップページ | 10月1日車検が切れるので23年乗った車を放棄する »

2023.09.26

真鯉の飼育は、やはり外付けの浄化槽をつくりたい

エアポンプがつくる上昇流を利用してそこにろ材を置いて水槽の水を浄化する方法は顕著な効果がありません。確実にポンプで汚水を外付けの浄化槽に送り込み、浮遊物を除去し、アンモニアなどの汚染物質を分解することがやはりだいじと思います。自分でつくります。

水槽の水量は100L(20cmぐらいの真鯉10尾)に増やしました。底に沈む汚泥は、今は増えたなと思うと吸引ポンプで除去しています。水10Lを失ったら10L補充しています。廃水は庭の植木鉢にまいています。

現在安定供給が可能な自家製ウジだけで飼育していますが、10尾すべて元気です。ウジは水洗してあげています。庭でミミズ、キクイムシを見つけると水槽に入れています。庭にダンゴムシが多いのですが、まだ上げていません。庭でとった雑草を地面の上に積んでおくと下に大量のダンゴムシが発生します。箒で掃き集め、水を入れたバケツに入れます。泥はすぐ沈みます。網でダンゴムシをすくってあげれば水槽の水を汚しません。餌になりそうです。コオロギ、バッタのたぐいも餌になります。ハサミムシ、ゲジゲジも多いが、捕獲が面倒なのであげていません。

工業的真鯉養殖などと考えましたが、83歳の時間つぶしという感じです。しかしあれこれ考えて楽しいものです。続けていると改善また改善で経験知識が増えます。老人でも生産に関係しているようで喜びを感じます。

|

« 近所に住む、閉じこもりの50歳ぐらいの男性が私の真鯉の飼育に反応 | トップページ | 10月1日車検が切れるので23年乗った車を放棄する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 近所に住む、閉じこもりの50歳ぐらいの男性が私の真鯉の飼育に反応 | トップページ | 10月1日車検が切れるので23年乗った車を放棄する »