« 閣僚を代えても政治はよくならない | トップページ | 真鯉、食欲喪失 »

2023.09.17

岸田文雄総理には政治信念がない

だから彼は政治に自信がありません。だから彼はアメリカに従います。声が大きい財務省や経団連の言うことに従います。防衛、原発などの推進勢力の言うことに従います。貧困化に苦しんでいる人々のことを考えません。

人々はもっと政治について考えるべきです。岸田内閣に自分の人生を考えてもらっているようではいけません。自由自主の精神で自分の人生を切り開いていかないと生き生きと生きることはできないと思います。

事業・仕事の原点は、人々が生きるのに必要な事業・仕事だと思います。世界経済が混乱している現在、根幹が弱くなると枝葉は枯れます。今日良ければいいではなく、永続性が重要と思います。予測することがだいじと思います。

米食を捨て、小麦食をとることは、危険ではないでしょうか。魚食を捨て、肉食(畜産食)に走るのは危険ではないでしょうか。太陽光発電を捨て、原発をとることは非常に危険です。アメリカ、カナダ、オーストラリアに依存しすぎてはいけません。日本でできることは日本でという考えが重要と思います。

保守はいけません。日本文化を改善し、発展させることがだいじと思います。アメリカかぶれはいけません、自信がないと自由自主の精神を発揮できません。

 

 

|

« 閣僚を代えても政治はよくならない | トップページ | 真鯉、食欲喪失 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 閣僚を代えても政治はよくならない | トップページ | 真鯉、食欲喪失 »