« 家庭を破壊し、さらに国を破壊するカルト(狂信的宗教団体) | トップページ | 自民党派閥は地獄 »

2023.12.15

消費税の税率を上げると貧困層は拡大する。貧困層を縮小させるには消費税廃止がいい

日本の貧困層拡大は深刻な問題です。消費税制は貧困化の原因になっています。

富裕層からより多くの税を納めてもらい、貧困層からより少ない税を納めてもらうという考えの方が税制維持が容易と思います。消費税は平等税だから集めやすいと考えやすいと思いますが、貧困層にとっては過酷です。生活が苦しいのに節約するので一段と生活が苦しくなり、貧困層が拡大し、消費は減り、消費税は減ることになります。所得税も減ります。

所得税、生活必需品ではない、富裕層が所有しているような土地・建物・その他のものにかける資産税、富裕層が買うようなものにかける物品税を重視するといいと思います。

貧困層は税金が安いということになれば生活の苦しさが緩和され、元気が出て、生活改善の可能性が上がります。貧困層が縮小し、税は集めやすくなります。

消費税をいくら払った、いくらもらったと帳票・帳簿をつくる作業は非常に面倒です。つくらない人が増えて税務署の監督指導も面倒になります。複雑な税制は労働生産性を下げます。

|

« 家庭を破壊し、さらに国を破壊するカルト(狂信的宗教団体) | トップページ | 自民党派閥は地獄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 家庭を破壊し、さらに国を破壊するカルト(狂信的宗教団体) | トップページ | 自民党派閥は地獄 »