« 岸田文雄総理の思考は複雑すぎてちんぷんかんぷん | トップページ | 選挙区にいい政治家がいない、自分は政治家にならない、どうすればいいのか »

2023.12.03

宗教は個人が生き生きと生きるのに有効、また複雑な社会を単純化し、平和を保つのに有効  

イワシの頭を信じるよう宗教でも個人が生き生きと生きるには有効です。何を信じるかではなく、信じる信仰の力が効果を発揮します。しかしイワシの頭信仰では人から笑われてしまうでしょう。

複雑な社会を単純化し、平和を保つ宗教は、世界に通用する知的水準の宗教でないと機能しません。現存する宗教団体の宗教はまだ洗練されていないということでしょう。

無宗教の人は、神仏は人間が考え出したものと主張しています。しかし、宗教に、表題に書いたような不思議が効果があることは事実です。その不思議な効果がどこから来るのか研究する価値があります。私は、精神の奥底にある、自我よりはるかに歴史が長い、気が遠くなるほど歴史が長い精神本体ではないかと思い、精神本体を信じる人生を送っています。すでに30年弱、この信仰で生きてきたが、個人生活も社会生活も矛盾なく、幸福、平安、平和を感じています。

精神本体は人の命だと思います。そしてすべての人に内在すると思います。共通の存在だと思います。だから人々は共感し、協力し合えるのだと思います。究極の法もこの人の命に矛盾しない法だと思います。人間性とはこの人の命に矛盾しない性質と思います。

|

« 岸田文雄総理の思考は複雑すぎてちんぷんかんぷん | トップページ | 選挙区にいい政治家がいない、自分は政治家にならない、どうすればいいのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 岸田文雄総理の思考は複雑すぎてちんぷんかんぷん | トップページ | 選挙区にいい政治家がいない、自分は政治家にならない、どうすればいいのか »